中小企業診断士

MBAを卒業し中小企業診断士1年目を振り返る。その2

language Exchange

MBAを卒業し中小企業診断士1年目を振り返る。その1

の続きです。

昨年(2017年)1〜2月に申請書に取り掛かり、受託した調査事業について、こちらもどのように依頼を受けたかという話についてです。

これは、本当にたまたま

  • ある企業Aが「業務が煩雑なので受発注システムを入れて省力化したい」という要望を受けていた。
  • 大学院の先生に「IT導入補助金についての質問」をこちらからしていた。
  • あるITベンダーのB社に、システムについての質問をしていた。

上記は私が動いていたことだけど、A社側からもB社の受発注システムについてすでに説明を受け、資料をもらっていました。また、大学院の教授は調査事業について、私にやってみないかと提案があり、B社にも同様の提案をしていました。そして、A社、B社もともに繋がっていたため、自分の会社はアドバイザーとして、この2社とともにコンソーシアムを組み調査事業に申請することになったのです。

偶然が重なり、運命のようなものを感じて、これは絶対やってみたいという気持ちになり、かなり力を入れて申請書を作成した。

 

どのようにしたら、調査事業に参画できるかについては、

  • 各方面に資格ややってみたいことについて言って回る
  • フットワークの軽いベンダーと知り合いになっておく(HPから質問するだけでもいいと思う)
  • 経産省やITコーディネータ協会のようなところに属する先生と予定のある事業について聞いてみる

こんなことをすると、調査事業に参画できるかもしれない。

また、調査事業とはどんなものかは、それぞれ違うと思うけど、私の経験した中で印象的だったもののうち大変だったのは、業務日誌などの記録が大変、事前に立てたスケジュール通り進まなくても超過した分は費用が出ない、プロジェクト期間中は費用は一旦持ち出し、かと思う。

日誌については、当たり前かもしれないけど事細かに記録したし、スケジュールについてはいろんな調整で超過した。プロジェクト費用は特に、今回はグローバルなプロジェクトだったこともあり、飛行機代などできつかった。人件費(小さい企業なら自分の給料)がプロジェクト終了後に入るので、幾らかは会社に貯めておかないと受託後にキャッシュがなくなる。

と、まあ、上記に書いたネガティブ部分以上の得るものがあったのは言うまでもない。

 

そもそも、補助金の申請サポートやコンサルティングについても、実績紹介に書きにくい業態であるため、このような公的でさらに国の公開資料に乗ること自体が駆け出し中小企業診断士に取っては信用力の面で大きなメリットになります。実際に、プロジェクトの推進能力は一気に向上すると思います。

特に海外でのやり取りや、今回特に離島に近い僻地に出向いて行ったプロジェクトだったため、フライトの遅延に伴う乗り継ぎ不能時の対処については、プロジェクト外だけどサバイバル能力がついたと思います。非英語圏でのチケット取り直し、払い戻し請求や、急な夜中のホテルの手配など一人取り残されて、PCのバッテリーが少ない中で行うという感じ。。

実際のプロジェクトの推進については、簡単に言えばプロマネ的や、まさにITコーディネータ的なことがメインとなっていました。

 

で、話はかわり、この1年間の間にも国(経産省)の方向性がかなりITやコネクテッド・インダストリーに傾いてきたと感じています。

 

ドイツのIndustry4.0、日本のSociety 5.0、経産省のコネクテッド・インダストリーと国が方向性を指し示す中で、AI、Iot、ビッグデータの活用、ドローン、ロボットなどがすでに社会に浸透し始めていて、その技術の境界がなくなり始めていると感じています。

よく目に入るITサービスは次々とAPIなどで連携が可能となり、さらにそれを簡単にするプラグインが出たり、IFTTTなどのサービスで自動化ができたり、バックグラウンドが非IT系だとしても応用可能なサービスが増えたように思えます。

 

また、これらIT系の知識や、コミュニケーションのための英語も必要な場面が多々ありました。これも偶然ですが、米国人の友人や他海外の友人がたくさんできた一年でもありました。

英語を勉強し直すためにも、海外の友達とIT系のテーマでLanguage Exchangeの合宿をしようかと思っています。興味のある方は教えてください。

 

ということで、内容がバッラバラになってしまいましたが、1年くらいぶりのブログでした。

この1年はITと英語を頑張ろうと思っています。

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

MBAを卒業し中小企業診断士1年目を振り返る。その1

MBAとは 卒業

現在2018年3月末に差し掛かるところ。
ちょうど去年の今頃、MBAを卒業して中小企業診断士の資格を取得しようという頃でした。

 

で、このブログも1年ほど放置状態になってしまい、その間何があったかを書こうと思います。つまり、中小企業診断士1年目でどんなことをして、どんな風になっているかの指標になればと思い書きます。

 

去年の最後の実習と卒業論文の真っ只中で、ものづくり補助金と経済産業省中小企業庁の調査事業の申請を1月、2月と依頼され受託を目指して資料集めや申請書作成をしていました。

自分の会社としても初めての国家プロジェクト参画なので、とにかく精一杯に書いたつもりでした。

 

さて、中小企業診断士1年目の方に向けてという意味合いで考えると、どうやってそのような補助金や調査事業への依頼を受けたかを知りたくなると思います。

 

まず、ものづくり補助金の申請書の依頼について、こちらは「中小企業診断士になります!」と各方面に行くたびに言っていたのが功を奏し、ある会社の社長から「あるシステムを入れたいのだけど、その費用を補助金などでどうにかならないか?」という質問がきたことがきっかけです。

 

たまたま、その社長が中小企業診断士というものがどういうものか知っていたから「補助金」「助成金」のサポートというキーワードに繋がったのかと思いますが、本来ならもう少し中小企業診断士と、そのサポート(サービス)内容を紐づけて宣伝した方がいいかもしれません。

 

そして、その会社の事業内容から商品・サービス、経営環境などを学びながら、現状の成長性や当該システムを導入した時の変化などをシミュレートして申請書を作成しました。

結果、無事受託され中小企業診断士の免許を受け取る前から一つの仕事に携わることができました。

 

次に、昨年1〜2月に申請書に取り掛かり、受託した調査事業について

続く

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

MBA入学前に読んでおいた方が良い本。

本を読む本,フォトリーディング,経営戦略全史,ビジネスモデル全史,ロジカルシンキング,プレゼンテーションZEN,裸のプレゼンター,黒曜石,JW_cad,シンプルプレゼン

意外と高い倍率にびびりながらも、入学許可がおりて安心しているみなさまへ。(はい。これ昨年の自分です。はい。)

 

入学してから、ついていけるかとか、スケジュール大丈夫かとか、独立している方は先方との調整、企業内の方は有給申請に今から暗くなっているとか、いろいろな不安があると思います。

その辺りは、人それぞれなので置いといて、今回は、入学前に読んでおいた方が良い本を書いて置こうと思います。

 

講義で言われる参考図書もたくさんありますが、それらはその都度で十分で、それよりもこれから体験する講義やケーススタディ、リアル企業のリアル実習で必要となるスキルの下地をつけて置くための本を紹介します。

まずは、これからたくさんの情報を読んで理解して、整理して、みんなにわかるようにアウトプットしなければなりません。
そのための、下地として

インプット編

本を読むために

を推薦します。

 

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるに掲載されている、「フォトリーディング」という手法について、「眉唾ものでは?」と感じている場合は、ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか?や、影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのかを読むと、理解のヒントが得られると思います。
と言っても、どちらか一冊でも素直な気持ちで読んでおけば、読書に抵抗がなくなってくると思います。

 

次に、一次試験でさらっと学んできた経営戦略とビジネスモデルなどの知識を、一度、その知識体系が作られた時代背景にそって整理しておくのに役立つ本として、

がオススメです。ボリュームはありますが、さらさら読めます。経営戦略の提唱者同士の、架空の対話やお互いの理論に対する言い合いが面白く、格言などに対するジョークもあって、理解するほどにクスクスできます。

これを読んでおくと、前期から始まるケーススタディもツールを整理して臨めるのではないかと思います。

 

知識の整理編

次に、考えがうまくまとまらないとか、論理立てて説明できないとなってくると、企業への実習が始まってしまうとかなりまずいことになります。それだけでなく、仲間からもだんだん何言っているかわからないキャラクターに設定されてしまうかもしれません。

そこで、オススメなのが、こちらもすごく有名で言い古された本ですが、知らない方は是非読んでみてください。
ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

実は、これを薦めて読んでくれたMBAのチーム仲間が、とても喜んでくれて私としても嬉しかった経緯がある本なので自信をもって推薦します。

そして、頭で整理した情報をどのように書いて、説得力のある報告書を作っていくかについては、このような本があります。
考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

これも、ロジカル・シンキングと同様、論理的思考について分かりやすく書かれている本です。

 

アウトプット編

そして、MBAではプレゼンテーションが頻繁にあります。みんなの前で、自分のプレゼンを行うのにどのようなスライドを作っていくかで、説得力が変わってきます。

 

特に、いままでプレゼンに対して勉強をせず、ぶっつけ本番だったり独学だったりする場合はかなりプレゼンの質が変わると思われる本があります。

もう、結構有名なので、ご存知の方はごめんなさい。

この、ガー・レイノルズさんのシリーズは、ビジュアル的な構成で感覚的に理解できるため、4冊あっても読む負担は少ないです。あとで、スライド作りの参考にもできるため、私は本棚の取り出しやすいところにセットで置いてあります。

また、プレゼンの効果的なツールとして
コクヨ パワポ操作用 フィンガープレゼンター 黒曜石 ELA-FP1
がオススメです。

ある意味、これがあると、プレゼンと言う名の資料の読み合わせなのか、本当にプレゼンテーションなのか変わってくるかもしれません。

 

以上、すごく上から目線で恐縮なオススメ本紹介でした〜。(すみませぬ)

 

最後に、これは授業を始まる前に読んでおいた方がいいよ。という、本を紹介します。

やさしく学ぶJw_cad☆デラックス (エクスナレッジムック Jw_cadシリーズ 15)

これは、店舗設計を行う授業でかなり活きてきます。特に、ITが不得意だったりするならば、事前に読んでおいた方がいいです。
それでは、1年を乗り越え少し調子に乗った記事でした〜〜。

城西国際大学 診断士 登録養成課程 入試対策記事

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

SMECs新年交流会2016!!開催したよ

SMECs新年交流会2016!!

2016年1月10日(日曜日*次の日が祝日)
第1回目から今回で6回目の開催となる、SMECs新年交流会を開催しました〜。

この交流会は、2010年末に企画を始めて2011年に開催したのが、第一回です。

交流会を始めた動機は、一人では勉強が続かないだろうなという気持ちから、外堀を埋めていって自分の勉強環境を整えるためでした。

人の目があったり、仲間がいれば自然と勉強に向かうことになると考えて交流を広げようと思っていました。

SMECs 中小企業診断士 新年交流会7 SMECs 中小企業診断士 新年交流会6 事前のテストイベントとして、2010年の9月15日に診断士受験の湘南勉強会キックオフと、10月31日に鎌倉交流会を行いました。

湘南地域でも十分に人が集まると感じ、横浜で少し大きめの交流会をやってみようと思って一緒に交流会を運営するメンバーをTwitterで募ったところ、

当時横浜と秋葉原で勉強会をやっている方が手をあげてくれて、各地の勉強会もついでに合同でやってしまおうというのりで声をかけていきました。

SMECs 中小企業診断士 新年交流会5 SMECs 中小企業診断士 新年交流会4 SMECs 中小企業診断士 新年交流会3

このような交流会で、主催者側が怖いのは「集まらなかったらどうしよう」というのと、「ドタキャンされたらどうしよう」というのがあると思います。

当時、1人5000円で、40人集めるのが最低ラインの約束で場所の予約がとれました。つまり、一人も来なければ、20万円で一人貸切状態になるわけです。

2回目までは当日集金だったため、ドタキャンや連絡なしのすっぽかしもあるわけです。予約を入れたのに予約したつもりはないから払いたくないとか、色んなトラブルがありました。

でも、結局は主催者が一番楽しいのかなといつも思っています。私は、最近では司会もせず、ほとんどみんなの思い出をカメラに納めるカメラマンとなって交流会に参加していますが、毎回毎回この写真を見ると、その時、その年の顔ぶれで当時の記憶が蘇り、わくわくしてくるのです。

SMECs 中小企業診断士 新年交流会2 SMECs 中小企業診断士 新年交流会1 SMECs 中小企業診断士 新年交流会

士業や師業は先輩後輩、先生、大先生と上下関係がある業界。この交流会は、そんな上下関係をなるべくなくして、フラットに楽しく、願わくば家族のようなつながりになっていって、一緒に面白いことをしていけたらなと思っています。

SMECs 中小企業診断士 新年交流会9

おつかれ〜〜!

 

で、2次回も〜

SMECs 中小企業診断士 新年交流会14 SMECs 中小企業診断士 新年交流会13 SMECs 中小企業診断士 新年交流会12 SMECs 中小企業診断士 新年交流会11 SMECs 中小企業診断士 新年交流会10

また、来年も宜しくお願いします!!

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

MBA通学37日目 戦Ⅱ⑦⑧ 流通(準備)①② 生産14,15

開放感のあるガラス屋根
開放感のあるガラス屋根

開放感のあるガラス屋根

会社のホームページをそろそろ作り込まないと。。と思いながら、もう8月。。

もうすぐ、流通業診断が始まる。

診断なので、内容はすこっしも書くことはできないけど、夏もがんばります!!

 

【仕掛科目の次回準備】

  1. 生産(土):2次試験を題材に。
  2. 戦略Ⅱ(土):戦略シミュレーションソフトによる意思決定。次回グループで、5期目の意思決定。

【申請書類など】

事務的書類や申請関係の残タスクコピペ。

  1. 健康診断(追加項目)

【課題整理】

9月12日(土)

専門テーマ研究発表 12分

11月7日(土)まで

財務会計の債権格付け少し進める。連結財務諸表を公表している会社を選ぶ。
予定は、
11月7日:基礎論Ⅰの①②で財務会計講義の13章から分担発表。
11月14日:基礎論Ⅰの③④で「日本の債権格付け」について解説。→その後、選んだ会社を分析。12月〜1月に締め切り。
β値→ブルームバーグのサイトから調べる(計算すると大変)分析ツール→日経平均銘柄ランキング→見たい銘柄をクリック

11月28日(土)

専門テーマ研究発表 22分


講座内容メモは、今回からサイボーズの専用グループ・Dropboxで共有。


LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

MBA通学36日目 戦Ⅱ⑤⑥

麹町の銅像 7月(2回目の着替え)
麹町の銅像 7月(2回目の着替え)

麹町の銅像 7月(2回目の着替え)

夏ですなぁ。すごくいい天気で夏は大好きなはずなのに、気持ちが落ち込むのはなぜだろう。

日本の経済が直面するリスクに対する記事を見るたびに、ものすごく気持ちが落ち込む。近い将来、日本の中小企業が直面する問題・課題を考えて実行し解決していく仕事をしたい。

自分に何が提案できるか、提案してもそれを実行してもらえるか、実行し成功してもらうにはどうするか、本気で考えれば考えるほど精神的に堪える。

原因というか、なんでそんなに堪えるかというと、自分の店舗経営の経験から、社長が感じる危機感をリアルに想像しすぎてしまうことがちょっとしたトラウマの連鎖になっている気がする。

自分の経験やそのときの立場と重ねて、他人の事業を診断し助言をすることは、相手の気持ちを本当の意味で感じようとすることができるという点と、過剰なストレスをどう回避するかという課題がある。

思えば、在宅型の薬局薬剤師として、患者さんやそのご家族と対話を重ねていた時も、そこに気持ちが入りすぎていた気がする。この辺りの気持ちのコントロール方法をこれから学んで実践していくのも、社会人学生のうちの課題として設定していきたいな。

・・・おお、ものすごく暗い導入になってしまった。

【仕掛科目の次回準備】

  1. 生産(土):担当者による解説。割り振りは「モノづくりIT経営の基礎」の担当部分の解説準備。その次は、2次試験題材。
  2. 戦略Ⅱ(水・土):戦略シミュレーションソフトによる意思決定。次回12、13期、その次はグループで、その次はグループで5期間、その次は所属機関の戦略(?)

【申請書類など】

事務的書類や申請関係の残タスクコピペ。

  1. 健康診断(追加項目)
    *7月22日に健康診断結果を持っていく。

【課題整理】

9月12日(土)

専門テーマ研究発表 12分

11月7日(土)まで

財務会計の債権格付け少し進める。連結財務諸表を公表している会社を選ぶ。
予定は、
11月7日:基礎論Ⅰの①②で財務会計講義の13章から分担発表。
11月14日:基礎論Ⅰの③④で「日本の債権格付け」について解説。→その後、選んだ会社を分析。12月〜1月に締め切り。
β値→ブルームバーグのサイトから調べる(計算すると大変)分析ツール→日経平均銘柄ランキング→見たい銘柄をクリック

11月28日(土)

専門テーマ研究発表 22分


講座内容メモは、今回からサイボーズの専用グループ・Dropboxで共有。


LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

MBA通学35日目 演習④ 店舗15 戦Ⅱ③④ 生産13 ロジ15

雰囲気の良い佇まいの紀尾井茶房
雰囲気の良い佇まいの紀尾井茶房

雰囲気の良い佇まいの紀尾井茶房


戦略Ⅱで使用するBMARSという、経営戦略シミュレーションソフトがMac上のWindowsで使えたのでほっとしました。

これについては、別途記事を書きます。BMARSを販売する会社の方も来てくれて、ブログなどで紹介してくれると嬉しいとのことでした。そう言っていただけるとこちらも嬉しい!

ソフト自体は、事例設定を与えられたものを分析しながら、各財務要因を数値で決定してシミュレーションします。マネジメント層の教育に導入するとすごく反応が良さそうな手応え。楽しみです。

 

【仕掛科目の次回準備】

  1. ロジ7/25(土)課題「中小企業の物流コンサルティングを、あなたはどんなステップで実施しようと考えてますか?」2000字
  2. 店舗(土):店舗レイアウトの個別プレゼンが最後。
  3. 生産(土):担当者による解説。割り振りは「モノづくりIT経営の基礎」の担当部分の解説準備。
  4. 戦略Ⅱ(水):戦略シミュレーションソフトによる意思決定。

【申請書類など】

事務的書類や申請関係の残タスクコピペ。

  1. 健康診断(追加項目)
    *7月22日に健康診断結果を持っていく。

【課題整理】

7月25日まで

ロジ課題「中小企業の物流コンサルティングを、あなたはどんなステップで実施しようと考えてますか?」2000字

11月7日(土)まで

財務会計の債権格付け少し進める。連結財務諸表を公表している会社を選ぶ。
予定は、
11月7日:基礎論Ⅰの①②で財務会計講義の13章から分担発表。
11月14日:基礎論Ⅰの③④で「日本の債権格付け」について解説。→その後、選んだ会社を分析。12月〜1月に締め切り。
β値→ブルームバーグのサイトから調べる(計算すると大変)分析ツール→日経平均銘柄ランキング→見たい銘柄をクリック


講座内容メモは、今回からサイボーズの専用グループ・Dropboxで共有。


LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

MBA通学34日目 戦略Ⅱ①②

7月の田んぼ
7月の田んぼ

7月の田んぼ

いつも、日曜日は弟と図書館、夕方からスイム、夜はスタバというスケジュールになってきた。かなり自己啓発意欲の高い弟なので、だんだん話が合うようになってきた。

で、写真は、その図書館に向かう途中の田んぼです。こちらも毎年成長が楽しみ。季節を感じています。この穴場の図書館にはもう、6年くらい通っている。藤沢市の図書館は、湘南台総合図書館も藤沢図書館もかなり混んでいるので隣町まで来ています。

 

【仕掛科目の次回準備】

  1. ロジ7/25(土)課題「中小企業の物流コンサルティングを、あなたはどんなステップで実施しようと考えてますか?」2000字
  2. 店舗(土):店舗レイアウトの個別プレゼンは7月18日まで。次回発表。
  3. 人材(土):計算機をもってくる。
  4. 生産(土):次回は、1-6から解説。担当者は「モノづくりIT経営の基礎」の担当部分の解説準備。
  5. 戦略Ⅱ(水):戦略シミュレーションソフトをインストールするので、Windows環境とDVDドライブを準備

【申請書類など】

事務的書類や申請関係の残タスクコピペ。

  1. 健康診断(追加項目)
    *7月22日に健康診断結果を持っていく。
  2. 「BMARS」のインストール準備。(7月22日 経営戦略論Ⅱの初回に、4000円で購入しインストールする。)

【課題整理】

7月25日まで

ロジ課題「中小企業の物流コンサルティングを、あなたはどんなステップで実施しようと考えてますか?」2000字

11月7日(土)まで

財務会計の債権格付け少し進める。連結財務諸表を公表している会社を選ぶ。
予定は、
11月7日:基礎論Ⅰの①②で財務会計講義の13章から分担発表。
11月14日:基礎論Ⅰの③④で「日本の債権格付け」について解説。→その後、選んだ会社を分析。12月〜1月に締め切り。
β値→ブルームバーグのサイトから調べる(計算すると大変)分析ツール→日経平均銘柄ランキング→見たい銘柄をクリック


講座内容メモは、今回からサイボーズの専用グループ・Dropboxで共有。


LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

MBA通学33日目 店舗13,14 人材14,15 生産11,12 20150718(土)

お気に入りの学校の内壁
お気に入りの学校の内壁

お気に入りの学校の内壁

この内壁、昔からあったのか、どこかから持ってきたのかすごくいい感じ。

と、経てきた時代に想いを馳せながら現実逃避。。。忙しいっ!!

学校の課題の店舗設計がイマイチ納得いかずなかなか完成しない。

仕事もなっかなか進まず、忙しいというか、無駄に時間を使って疲れている感じがする。

結構手一杯なんだけど、8月の旅行を楽しみに頑張る!!(旅行の行き先も決めなきゃ!!)

【取掛科目の次回準備】

  1. ロジ7/25(土)課題「中小企業の物流コンサルティングを、あなたはどんなステップで実施しようと考えてますか?」2000字
  2. 店舗(土):店舗レイアウトの個別プレゼンは7月18日まで。
  3. 人材(土):計算機をもってくる。
  4. 生産(土):次回は、1-6から解説。担当者は「モノづくりIT経営の基礎」の担当部分の解説準備。

【申請書類など】

事務的書類や申請関係の残タスクコピペ。

  1. 健康診断(追加項目)
    *「会社で後日受診する予定がある場合は、受験書類で出した健康診断の書類を提出すれば良い。」と、2階学事課で確認済み。2015.04.01 pm17
  2. 「BMARS」のインストール準備。(7月22日 経営戦略論Ⅱの初回に、4000円で購入しインストールする。)

【課題整理】

 7月18日まで

店舗設備マネジメントのレイアウト設計図+ゾーニング、コンセプトシート、損益計算書3年分を作り個別プレゼン。

7月25日まで
ロジ課題「中小企業の物流コンサルティングを、あなたはどんなステップで実施しようと考えてますか?」

11月7日(土)まで

財務会計の債権格付け少し進める。連結財務諸表を公表している会社を選ぶ。
予定は、
11月7日:基礎論Ⅰの①②で財務会計講義の13章から分担発表。
11月14日:基礎論Ⅰの③④で「日本の債権格付け」について解説。→その後、選んだ会社を分析。12月〜1月に締め切り。
β値→ブルームバーグのサイトから調べる(計算すると大変)分析ツール→日経平均銘柄ランキング→見たい銘柄をクリック


講座内容メモは、サイボーズの専用グループ・Dropboxで共有。


LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア