オリジナルドメインのブログ設定 〜02 FTPソフトってなによ?〜

CMSとは

今回のやること

今回は、サーバにデータを簡単に送ることができるFTPソフトを設定します。

これを用いて、ブログをサーバ上に構築するソフト(CMS)をアップロードします。

(*サーバを借りると、ファイルマネージャーという項目から一つずつファイルをアップロードできますが、一気にアップロードしたり、ダウンロードしたりするときにはFTPは便利です。)

 

自分のブログを、オリジナルドメインで作り始めるために、前回は

  • ドメインの取得
  • サーバのレンタル

を、行いました。

 

今回は、そのレンタルしたサーバに、ブログを構築するソフトを導入する作業をします。

(サーバにドメインを関連付けする作業は、ご利用のサーバのコントロールパネルなどから行ってください。)

 

まず、MacかWindows両方使えて、無料のソフトがあるといいですね。

オススメは、

です。

 

MacのCyberduckは、サーバによってはアップロード・ダウンロードの途中で回線が切れることが多かったので、私はFileZilaを使用しています。

特に相性に問題がなければ、どっちでもOKです。

 

設定方法はこちらの記事へ 。

 

ファイルがアップロードできる状態になったら、

次はいよいよ、ブログを構築するソフトを導入します。

 

このようなソフトは、CMS(コンテンツマネージメントシステム)と呼ばれていて、ブログの管理・更新が超楽になるソフトです。

 

最近では、WordPressが有名ですね。

他にも、XOOPS(ズープス)など、たくさんあります。

 

私は、HTML+CSSで特にソフトは使わずに頑張っていた時期がありましたが、WordPressを使ってみると、便利すぎてホームページもブログも全部取り替えたいくらいに思っています。

メジャーなCMSを使うと、思わぬエラーなどが出た際に、原因と対策を調べやすいというメリットがあります。

 

FTPソフトのダウンロードと、設定ができたら次回は、WordPressの導入です。

 

 


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です