【動画付き】MacBook Pro(Early 2015)の感圧タッチすごい!!


3月からMBAに通うというのと、動画の書き出しにMacBoo Airだと時間がかかるという理由をつけて、ついに買ってしまいました。MacBook Pro13インチ(Early 2015)!!

診断士界のITの雄と言われている、ロンドンさんこと、村上知也先生に急かされ詳細報告!

Appleストアのサイトで購入しました。銀座の店舗では値引き交渉させてくれるけど、学割が使えるのでウェブサイトでいいやということで、特に遠出せず発売日に購入。

「出たら買うぞ、出たら買うぞ。」

と、繰り返し頭の中で唱えていたので割と即ポチでした。

昨年末に確かマイナーチェンジがあったし、今回はApple Watchと、さらに薄いMacBook Air(結局、新しいMacBookという新シリーズだった。)が発売されるという事前情報だったので、MacBook Proは期待薄かなあと思っていたら、13インチだけバージョンアップしてました。

そして、買ったのは、特盛(CPU,メモリ,SSDの最強バージョン)。
Final Cut Proと、Logicもつけちゃいました。

 

待つこと、数日。
3月19日にヤマト運輸にて受け取りました。

で、楽しみにしていたのは、感圧タッチトラックパッド。
どういう感じかなあと、電源を入れ、触ってみるも。。。。

あっれ?

「普通。。。」

 

実は、忙しい中、ちょっとの休憩中に急いで発注しました。
iPhoneで。。。

「もしかして、在庫処分品を送られたんじゃ。。。」

「早まって、感圧タッチじゃないやつポチったんじゃ。。。」

「感圧の発売自体がまだだったんじゃ。。。」

 

という、心配が頭をよぎります。

なので、Appleのサイトから自分の発注したMacを確かめてみると、うーん、確かに感圧タッチトラックパッドになってる。。。

「まあ、こんなもんか。。」

と、ちょっと残念に思いつつも、ためしに電源を切って、電源が入った瞬間を比べてみようと思ったところ。

「うおおお!!!」

上(電源ON,OFF)と、下(接写)の動画を見てもらえるとわかるとおり、電源を入れると、音が鳴る。振動もある。

でも、電源が落ちた瞬間、ただの板になる!!

なんか、こんなことですごく感動してしまいました。。

キーボードもキートップがなくて、感圧バージョンのものを開発しているようですが、このテクノロジーはきっと、バーチャルリアリティへの応用を見据えてるんだろうなぁと、ちょっと先の未来にわくわくしているんであります。


Comment (1)

  1. Pingback: MacBook Pro(Early 2015)開封の義 | 半ノマライフ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です