休日にどう?湘南発!とろっとろフレンチトーストの作り方。

湘南発!とろっとろフレンチトースト9

今日は、秘伝の湘南発とろっとろフレンチトースト「とろフレ」の作り方をお教えします。

湘南発!とろっとろフレンチトースト1

準備

準備するものは、

  • 食パン一斤
  • 豆乳or牛乳
  • 生クリームorホイップクリーム
  • 卵2〜4つ
  • 砂糖
  • バター
  • サラダ油
  • バニラエッセンス
  • お好みでブランデー

です。

とろフレの作り方

湘南発!とろっとろフレンチトースト2

 

パンはきれてないものを購入し、かなり厚切りにします。

 

湘南発!とろっとろフレンチトースト3

豆乳と生クリームを1対1でボールの半分くらいまで注ぎと、砂糖小さじ2杯〜大さじ1杯をお好みで入れよく混ぜます。砂糖は溶けにくいのでボール底を確認しながらまぜます。

よく混ぜたら、パンを漬けてたまに裏返しながら12時間〜24時間冷蔵庫で放置します。

湘南発!とろっとろフレンチトースト5

よく漬かっていることを確認し、パンを冷蔵庫から取り出します。

湘南発!とろっとろフレンチトースト6

 

パンを漬けていた豆乳を、他のボールに移し、卵とバニラエッセンス、ブランデーを混ぜます。この液体に再度パンを漬け込み12時間〜24時間、冷蔵庫で放置します。

湘南発!とろっとろフレンチトースト4

2度目の放置を終えたら、パンの耳部分をナイフで切って、染み込み具合を確認します。もし、初めから卵入りの豆乳に漬け込んだ場合は、染み込みが悪く中心部が白くなっている可能性があります。その場合は、パンの向きを染み込んでいない部分を下にして再度放置します。

湘南発!とろっとろフレンチトースト7

 

このタイミングで、食べるときの生クリームを泡立て準備し、冷蔵庫に保管しておきます。お好みでバターも切っておきます。お皿もあるとよいですね。

それでは、冷蔵庫からパンを取り出し、豆乳と卵が良く染み込んだのを確認したら、フライパンにサラダ油をひきます。

強火で温めたフライパンにうっすら煙がたったら火を中火に弱め、をほんのひとつまみフライパンに落とし表面に行き渡らせたら、バターをのせて溶かした直後にパンを乗せて焼き始めます。片面に焼き色が程よくついたら、裏返してもう片面を焼きます。

湘南発!とろっとろフレンチトースト8

 

両面に焼き色がついたら、フライパンから引き上げ、食べやすい大きさに切ってできあがり!!

湘南発!とろっとろフレンチトースト9

 

どうでしたか?

仕込みに数日かかりますが、とろっとろの美味しいフレンチトーストができあがります。ぜひ、お試しください。

できあがったら、コメントをいただけると嬉しいです!!

 

 

 

 

 

 

 


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です