Python、TensorFlow周辺の環境設定まとめ

tensorflow

Environmentを有効化

例、$ source activate tf140

Pythonのバージョン確認

TensorFlowのバージョン確認

Kerasのバージョン確認

Kerasのバージョン指定してインストール

で、拒否される場合は、

と、

をつけて実行する。

最新版のKerasをインストール

Kerasをアンインストール

現在どの環境で作業しているか調べる

現在のpipバージョンを調べる

現在のPythonのバージョンを調べる

現在のパッケージのバージョンを調べる

パッケージのインストール

*バージョン指定したいときは、パッケージの名前の後に==バージョン

例、

パッケージのアンイントール

pipで一括インストール

*requirements.txtの書き方。
numpy==1.11.0
six==1.10.0
(成功したテスト時のバージョンを記録しておくと再現性が高まる。上記のパッケージのバージョンを調べる

で書き出して残しておけばOK)

ディレクトリの指定

ディレクトリの中身の確認

Tensorflowのインストール

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください