ライフログ

全ての記事を時系列でまとめています。

Macのトラックパッドで、タップでドラッグ。

Macのトラックパッドは優秀で、マウスいらず。

数年前まで、Bluetoothマウスを使ったり、Windowsのレッツノートのようなトラックパッドにならないかなあと考えていたけど、ほぼそういうのは卒業。

使いこなせば、もう外でも家でもマウスなしで作業。キーボードからマウスまでの手の移動なしで、いろんなことができる。

それも、クリックとかダブルクリックとか左クリックとか、右クリックとかが、タップになっただけですごく省エネになった。

 

はい!前置きはこのくらいにして、新しいMacBook Airでいつもの「ダブルタップで、ドラッグする」をしようとしたところ、できない。。。

 

反応しない。

まあ、設定でなんとかなるだろ。と思って探すと。。。

 

スクリーンショット 2015-02-01 19.58.11えっと、トラックパッドをタップして、

スクリーンショット 2015-02-01 19.58.55

このあたりに。。。あれ?

「3本指のドラッグ」じゃなくて、私が探しているのは、2回タップするとドラッグできるやつ。。。

 

ないね。

 

でも、もう一台のMacBook Airはできる。でも、システム環境設定を探してみるとない。。

 

ということで、見つけましたよ。

忘れないようにその手順を残しておきます。

手順1 システム環境設定のアクセシビリティ

スクリーンショット 2015-02-01 19.58.11

トラックパッドじゃなかった。アクセシビリティを開いてください。

 

手順2  マウスとトラックパッドをタップして、トラックパッドオプションを開く

スクリーンショット 2015-02-01 20.14.48

手順3 ドラッグを有効にするにチェックを入れる

スクリーンショット 2015-02-01 20.18.29もう、こんなのところに隠さなくても〜。

ダブルタップして、ドラッグしたあとドラッグロックありにすると、もう一度タップするまでドラッグしたものが付いてきちゃいます。そこは、好みで選択してください。

 

以上、ダブルタップドラッグの設定方法でしたー!

 

参考
Santarh.mm
 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

城西国際大学 中小企業診断士 養成課程 緊張の本番、入試当日!

Master Of Business Administration Concept

 

 

 

 

 

***受験された方々、受験後の情報交換などコメント受け付けております!***

12月20日に城西国際大学 大学院の面接を受けてきました。

私が受験したのは、経営情報学研究科 起業マネジメント専攻 中小企業診断士登録養成課程です。

面接は、

  1. グループディスカッション
  2. 個人面接

の2回を同日に行います。

 

13時からの面接試験で、「12時40分までに集合」と学生募集要項には記載されていました。

当日、私は紀尾井町キャンパスの最寄り駅の麹町には、11時40分に到着しました。

 

前日の予定では、2時間ほど前に到着するスケジュールで出発して、早めに現地の喫茶店で準備をするつもりだった。だけど、試験は面接なので自宅で予想問題を読み上げてもらって応える方が練習になると思い、朝は一通り練習をしてから出発しました。

麹町から紀尾井町キャンパスに向う途中には、タリーズコーヒーと、ベローチェの2軒の喫茶店があったけど、「少し早いかな」と思いつつどこにもよらずに会場に向かった。

キャンパスへは、駅から思いの外近くて、すぐに着いてしまった。

生憎の雨だったけど、近くてよかった。

 

校舎は、近代的ビルのようなとても綺麗な建物で、案内係の方や受付の方が笑顔で出迎えてくれた。土曜の学生が少ない時間帯に、フロントに女性が二人もいるなんてすごくいい感じだった。あ〜通いたい。

エレベーターまで案内されて、そのまま受験生待合室へ向う、案内掲示も迷う事がないようにしっかり準備されていた。

 

エレベーターの中で、思いっきり腕と肩と首を回して緊張をほぐす。

「ここで、ダメならまた1次試験を全クリしなきゃならない。」とは、考えないように、自分のやりたいことや熱意について思い起こして、自分をワクワクさせる。

待合室についたのは、12時少し過ぎ。

ノックして入ると、スーツの男性が笑顔で迎えてくれた。しかし、その方は職員ではなく受験生。

「あ〜、この人は手強い競争相手だ。」

と心の中で思う。

 

見渡すと、5人くらいの方が私より早く到着している。

ホワイトボードには、受験生の心構え的な(タイトルは違うけど)ことがプリントで貼ってある。

待合室には、受験番号ごとに専用の席が用意されていて、指定の席に座って順番を待つ。

 

座ってから気づいたけど、ホワイトボード横に、飲食禁止と張り紙がある。

トイレは、待合室目の前にあるので、何度もトイレに行く人がいる。

 

12時30分頃に、案内役の方(2人目)が

「5分前に呼びきますのでそれまでお待ち下さい。携帯は電源を切って、カバンの中へ。」

とアナウンスしていった。つまり、12時55分にくる。

 

受験生は全員そろって、12人いた。

事前に調べていた先輩のブログでは、面接官3人に対し、6人で受けたと書いてあったので、2倍の人数。半分にするのか、いっぺんに12人でグループディスカッションをするのかどっちなんだろう?

 

自分よりも若いと思われる方が2、3人。

面接といえばスーツという常識を覆しているツワモノがひとり。
(私服にダウンジャケット着たまま。常識に捕らわれるな的な面接ならポイントゲット。)

グレーのスーツの方ひとり。

白髪の方ひとり。

女性ひとり。

あとは、黒か濃紺のスーツ。新卒的な面接ではなく、ちゃんとした社会人という感じで見た目では大差ない。

 

競争試験で、書類選考以外の競争点は面接での会話と、印象になると思う。
無難でも、ちょっと特徴があるような見た目が印象に残るのかなあと考えるとグレーのスーツもありなのかなあ。
今年度の募集人数は、全4回の受験日程全て合わせて16人。

 

私が受けたのは2回目開催の日程。

単純に、募集人数(16人)と開催日数(4回)で割ると、一回に受かる合格者枠は4人。
だけど、1回目の開催日にすでにかなりの合格者がいたら・・・。

 

私の勝手な事前予想では、この回では1〜3人程度の枠で、6人くらいの受験生かなあ、それなら2倍くらいの倍率かなあと考えていたので、12人も受験生がいたことに一瞬絶望感がよぎる。この中でほとんどトップを狙わないといけない。(後でわかったことだけど、実際の競争率はかなり厳しいものだった。)

なので、他の受験生をよく観察して、どういったキャラクターが印象強く好まれて合格できるのかをずっと考えていた。

 

一番のライバルは、やはり最初に笑顔で笑いかけてくれた受験生。一瞬で強敵と思ったのは、笑顔から余裕が、挨拶から常識人的な雰囲気が、着こなしているスーツからしっかり社会人としてやってきているな、と印象を持ったから。主観でしかないけど。(これも後でわかったことだけど、この方はダントツで偉い方だった。)

そして、自分の真後ろに座っている紅一点の女性受験生。ディスカッション内容は別として、とりあえず、必ず眼がいく。つまり、この人どんな話をするかなと、興味をもたれるから面接官の印象に残るための機会が得やすい。

もう一人は、白髪でベテラン感を醸し出している受験生。実年齢はわからないけど、話し方に余裕があれば、インテリジェンスなイメージも与えられそう。

(実際、この中の最初の2人は同期になりました。)

 

私は、個人的なライバル想定をして、この3人よりも印象的で好まれるキャラクターになりきろうと考えた。(落ち着くためにしたことで、特にこれが必ずしも必要だったり、他の方を否定する意図はございません。)

 

そして、想定課題のプリントを読み直しながら、呼ばれるのを待つ。。。

 

12時55分を数秒過ぎた頃に、ドアがノックされグループディスカッションに呼ばれる。

12人を半分にした、6人ずつが一つ上のフロアに呼ばれ、下記のような配置に座るよう指示される。1〜6の席が受験生が座るよう指示された席で、机にはプリントが置いてあった。

グループ面接

「荷物は隣の席へ。」

という指示があったのだが、となりの席に荷物を置かれてしまったので、入り口付近の誕生日席にジャケットとカバンを置く。かなり動揺する。

 

全員が着席したあと、面接官が一人ずつ自己紹介を始め、その後、グループディスカッションの流れを説明した。

  1. 手元のプリントの課題について2分考える。
  2. 番号の若い方から、1人ずつその課題についての考えるところを発表する。2〜3分程度。
  3. その後、グループディスカッションに移る。

という流れ。

 

課題については、二次試験よりもずっともやーっとしていて、どんなレイヤーで答えればいいかも判断がつかない感じ。最初の方が「アベノミクス」について語り、その後につづく方は、同じ流れで「アベノミクス」について語っていた。

私は、課題にとってアベノミクスというマクロ的な大きめの経済的事象よりも、もっと現場視点で問われている気がして、具体的な例をあげながら考えを述べた。

これは、きっと内容よりも積極性や、協調性を問う試験なんだと感じ、時間を見ながら語り過ぎず、コンパクトに切り上げた。

 

この時、全体でどのくらいの時間が経ったかはわからないけど、13時20分くらいで1人ずつの発表が終わり、グループディスカッションに移ったと思う。

そして、グループディスカッション。

 

同じく、課題について自由に話し合って下さい。というような指示があり、スタート。
ただ、皮切りに一番番号の若い方が、最初に話し始めて下さい。

という、感じで、グループディスカッションが始まった。

 

ディスカッションで話された内容は、

  • 信用金庫や他の士業と経営者のつながり作りを診断士が担う。
  • 6次産業について。
  • 施策利用。
  • 国家資格としての診断士。
  • 景気対応。

こんな感じだったと思う。あまり、議論が白熱するというよりも、私を含め数人で意見交換をしているうちに時間がきてしまった感じだった。一言も話に加われない方もいた。

 

そして、「最後に2分くらいで、一言。」という指示で、また番号の若い方から順に、課題とディスカッションでの感想、そして診断士になりたい気持ちを語った。そういえば、ここでは何を話すべきだったのだろうか。

何をいえば良いのかわからず、なぜか白書の内容(クラウドファンディングとか)を羅列してしまい、まとまらなかった方もいた。(実際、何が問われていたか判断が難しかったけど。)

 

グループディスカッションが終わると、最初の待合室へ移動を指示される。

この時点で、13時45分。

 

いよいよ、個別面接だ。

そして、この時に、気づいたことがある。

一つ上のフロアの廊下から、待合室がよく見える配置になっていて、案内係りの方が中を見ることができる。実際に、こちらから向こうが見える。

 

もう一度、他の受験生を見てみると、携帯はしまってカバンの中と言われたのに、グループディスカッション後に緊張がほぐれたのか、数人携帯をいじっている。

飲食禁止なのに、ガム(?)を噛み始めた人と、ペットボトルで水分補給をしている人もいる。

考えすぎだとは思うけど、念には念を入れるべき。

 

個別面接用の想定問題を読みながら、頭の中で面接練習をしていると、

2グループに分かれたグループディスカッションのメンバーの各1人ずつが個別面談に呼ばれた。

最初は私ではなかった。

この時、13時52分。

そして、次の2人が呼ばれたのが、14時5分。

その次が、14時21分。

その次が私だった。14時38分。時間は結構バラバラ。

 

緊張しながら、上のフロアに案内されたが、面接官の方が少し休憩にはいるということで、14時50分まで、再度待合室まで降りていき待機となる。

確かに、ぶっ続けで面接したら、疲れるし、判断がおかしくなるかもしれないので、面接官の方にも休憩は必要。

戻った時には、他の受験生に相当びっくりされる。

 

そして、14時50分。

案内係りの方が呼びに来てくれて、面接室前で少し待機し、面接室の中から呼ばれる。

予め練習した通り、3回ノックし、失礼します

 

ちょっとびっくりしたのが、グループディスカッションの時の面接官が一人もいなかったこと。
グループディスカッションと、個人面談で面接官は全員入れ替わりになっていた。

 

ここでは、質問や考えていることを述べよ形式で、計7回「問い」を与えられ面接が進んだ。

内容については、中小企業庁の公開PDFに書いてあることだった。

登録養成機関の登録に係る運用について (中小企業診断士登録養成課程の実施を目指す企業等の方々へ)

登録養成機関の登録に係る運用について
(中小企業診断士登録養成課程の実施を目指す企業等の方々へ)

中小企業庁:登録養成機関の登録に係る運用について

 

私は、このうち2つ、しかも重要と思われる2つの質問の意図がよくわからずかなりグダグダになってしまった。さらに、話始めた途中で、質問をもう一度聞き返してしまった。。。

他の5つは、想定問題通りだったので、練習通りに対応できたのだが、大丈夫なのか。。

 

内容を問うのではなく、積極性を問われているのであれば、まだいいのだけど。

最後に、「補欠合格というものについて」と、補欠合格の場合、発表が2月後半になる。

という、解説を受け面接室を後にする。

できれば、補欠合格でも受かりたいけど、さらにできればちゃんと合格して新年を迎えたい。

 

そんな感じで、面接試験が終了し、名札を返してエレベーターで直接1階へ。

他の受験生と受験後の会話などを想像していたけど、誰にも会うことなく帰る。

雨は止んでいたが、曇り空。

 

今は、2014年。経営学の勉強も、ずいぶん長くしてきたなあ。。。

どうか、受かりますように。。。

 


城西国際大学 診断士 登録養成課程 入試対策記事

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

command + z の逆は、command + y (command + shift + z)

Life Has No CTRL+Z

command + z

ものすごく便利なショートカットですよね。

一旦、行った操作を戻せるショートカットです。

 

でも、戻す必要がないのに、一度間違ってやってしまったとき、command + v などと違って、ペーストで戻せないし、どうしたらいいかわからなくなります。

 

そんなときに、使えるのが

command + y あるいは、command + shift + z

Windowsなら

control + y あるいは、cotrol + shift + z

 

記事にするほどのものでもないですが、覚えておくと便利です。

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

オリジナルドメインのブログ設定 〜02 FTPソフトってなによ?〜

CMSとは

今回のやること

今回は、サーバにデータを簡単に送ることができるFTPソフトを設定します。

これを用いて、ブログをサーバ上に構築するソフト(CMS)をアップロードします。

(*サーバを借りると、ファイルマネージャーという項目から一つずつファイルをアップロードできますが、一気にアップロードしたり、ダウンロードしたりするときにはFTPは便利です。)

 

自分のブログを、オリジナルドメインで作り始めるために、前回は

  • ドメインの取得
  • サーバのレンタル

を、行いました。

 

今回は、そのレンタルしたサーバに、ブログを構築するソフトを導入する作業をします。

(サーバにドメインを関連付けする作業は、ご利用のサーバのコントロールパネルなどから行ってください。)

 

まず、MacかWindows両方使えて、無料のソフトがあるといいですね。

オススメは、

です。

 

MacのCyberduckは、サーバによってはアップロード・ダウンロードの途中で回線が切れることが多かったので、私はFileZilaを使用しています。

特に相性に問題がなければ、どっちでもOKです。

 

設定方法はこちらの記事へ 。

 

ファイルがアップロードできる状態になったら、

次はいよいよ、ブログを構築するソフトを導入します。

 

このようなソフトは、CMS(コンテンツマネージメントシステム)と呼ばれていて、ブログの管理・更新が超楽になるソフトです。

 

最近では、WordPressが有名ですね。

他にも、XOOPS(ズープス)など、たくさんあります。

 

私は、HTML+CSSで特にソフトは使わずに頑張っていた時期がありましたが、WordPressを使ってみると、便利すぎてホームページもブログも全部取り替えたいくらいに思っています。

メジャーなCMSを使うと、思わぬエラーなどが出た際に、原因と対策を調べやすいというメリットがあります。

 

FTPソフトのダウンロードと、設定ができたら次回は、WordPressの導入です。

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

「アアル」ってなによ?

アアル株式会社の「アアル」

Aal, Inc.の「Aal」

の由来について語らせてください。

 

この記事にたどり着いたのも、たぶん、ついつい話題作りに私に聞いてしまって、

 

「ここに書いてあるから、ぜひみてください。」

と、言われてしまったのではないでしょうか。

 

それとも、名刺の裏にあるQRコードを読み込んでいただけたのでしょうか。

 

本当に、めんどくさくて申し訳ない!!

 

はい、ではさっそく「アアル」の意味について説明します。

私に次に会う時に

 

「みたよ、内容忘れたけど、とりあえずみた。」

と、言えるように、解説しますね〜。

 

【時代背景】

昔むかし。それは、私が2回目の社会人になって、

まだまもないの2004年頃

 

当時は、やっとノートパソコンが1kg前後のものが発売され、

WiFiはマクドナルドのサービスが繋がるくらいで、

個人契約の通信はまだまだで、SNSはmixiが全盛期。

YouTubeは、日本語版がまだなかった頃。

 

私は、とりあえず、これからどんどんインターネットが

くるはずなのに、仕事は全然関係ない会社&職場。

 

なんだか世間からの置いてけぼり感を感じ、

焦りの中でITやホームページを勉強しようと、

だけど、何から手をつけていいかわからない、

そんな時代でした。

 

【マニアな自己研鑽】

私は、一人で勉強してもつまらないし、

切磋琢磨しながら、高め合える、

そんな仲間を求めてSNSや、

職場の知り合い、同級生らと一緒に

 

なんか、そういう、

楽しそうで、ちょっとマニアっぽくて、

わかる人はわかる的なHTMLとか、CSSとか、Flashとか

Action Scriptとか、Illustratorとか、Photoshopとか、

SEOとか・・・、

を学びはじめました。

 

【勉強仲間】

そのときの、勉強会のような集まりの名前が

『Arrange a Life』でした。

当時のホームページのポータルサイト。ブログとか他の活動のサイトにリンクされている。

Action Script 3.0で、浮いている島がぷかぷか動いているポータルサイト。

Action Script 3.0で、浮いている島がぷかぷか動いているポータルサイト。

スクリーンショット 2014-11-09 20.39.58

SASUKE湘南キックボクシングの島は、あるこが粘土のサンドバッグを蹴っているアニメーションが拡大される。

スクリーンショット 2014-11-09 20.40.37

当時作った、クレイアニメの主人公を流用してこちらもアニメーション。

由来より先に、

リストにしたときに

アルファベットでも、日本語でも先頭に来るように、

略語が「AA」、「アア」、と来る

 

で、なんとなく自分たちを表している名前を考えました。

 

勉強でも趣味でも、働きながらそのための時間を作るには、

生活を整理整頓していき、隙間をつくります。

その整理整頓の「Arrange」

 

また、流されず、自分の意思で人生を作り上げていく

そんな、意味付けをしながら

「Arrange a Life」は活動していました。

 

この、「Arrage a Life」がそのまま社名の

Aal, Inc.(アアル株式会社)になりました。

 

え?ながい?

 

活動の成果に、今でも続いている、

SASUKE湘南キックボクシング

があります。

 

この活動がきっかけで、

SASUKE湘南キックボクシングや、勉強仲間との出会いが広がり今にいたっています。

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

BoseQuietComfort3のパッド交換

Bose QC3 パッド交換

 

BOSE QuietComfort3のパッドが劣化してきました。(左が劣化パッド)

ニューバランス1300と同じく、ウレタンは優秀な素材ですが、加水分解するので経年劣化で使えなくなります。

 

と、言うことで、交換パッドをAmazonで検索。

普通にあるな・・・。

 

私が、買ったのはこれ

Bose Quiet Comfort 3 交換 パッド 日本語マニュアル 付属 !

ターミナル88というところから送られてきました。

 

bose qc3 パッド交換方法

 

写真右の2つのパッドのうち、左側がオリジナル。右側が新しい交換パッド。

交換方法は、

 

1、劣化したパッドをつまんで引っ張る。(ゆっくり)

2、取り付け方法を確認して、新しいパッドをかぶせて、パチッと音がするまで押し込む

 

これだけ。

 

bose 交換パッド

このように、突起がでているので方向も迷うこともないし、粘着材と脱着出来る突起で取り付けができるので簡単。

 

取り付け後の音が、こもるとレビューに書いている人もいるけど、構造的にこもりようがないです。

実際聞いてみても、装着感も音も問題なしでした。

 

最近、AppleがBoseから乗り換えたBeats by Dr.Dre Studioも気になりますが、しばらくはこれでいきまーす!

Beats by Dr.Dre Studio

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

「コーチング」って受けたからってどうなるのよ?

2014年5月29日に初めてコーチングを受けました。

 

私のコーチは、下村雅之さん。

 

【コーチングを受けるまでの私の心境】

実は、私がコーチングを受ける前に同居人の石井瑠美が先にコーチングを受けて、私自身は「そのうちでいいや」という気持ちでいました。

 

ですが、「絶対、今受けた方が良い!」

という、同居人のすすめで、「まあ、じゃあ」的な感じでお願いしました。

 

でも、この時点でも、

・「仕事が終わってからの平日なら」

・「コーチングの場所もすぐ近くなら」

 

という、条件設定を自分の中でしていて、何となく時間を拘束されるのを遠ざけてしまっていました。

 

だけど、下村さんは、いつでも好きな時間にと言ってくれたので、時間と場所を指定した所、下村さんは出張帰りの夜21時に、私の職場まで来てくれるというのです。

 

出張帰りの

夜21時に

職場まで

ですよ!

何と言う親切な方なんだ。そして、何と言うわがままな自分。。。

 

 

 

【コーチングスタート】

さて、約束の21時ちょっと過ぎ、コーチングが始まりました。

 

最初に、コーチングとカウンセリングの違いを聞いてみたり、予め読んでおいたカリスマコーチのアンソニー・ロビンズさんの著書「一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える」で、わからなかった、コーチングを受ける時の心構えとかを聞いてみたりしました。

 

結果的には、心構えは特にいらず、心を開けば良い訳で、それはコーチに対してというより、むしろ自分に対して素直になることで、コーチはそれを付かず離れずサポートしてくれる存在になってくれるのです。

 

 

コーチングをしてくれた、下村さんは、私のイメージのいつもの明るく接し易いキャラクターとはちょっと変わって、急に大人っぽく信頼できる対応をしてくれました。

 

コーチング中は、コーチとの対話ではなく、自分との対話を促してくれる役に徹してくれます。

 

自分が思っている自分、自分の外から見た自分、色んな所から今までとこれからの自分を見て、素直にこれからどうしたいのか、どんなことを幸せと思うのかを確認できました。

 

これが、今までの自分だったら、

「自分のことは、まあ大体わかってるし、強みとかもわかるし、あえて誰かに指摘されてもねぇ」 

みたいな、どっからどうみても、上から目線な思考で捉えていたと思います。

 

 

自分がどんなことを考えるのかを、あえてコーチに後押ししてもらいながら見つめていく作業が、本当に自分が必要としていたことなんだなと今振返ると思えます。

 

【コーチングを受けた感想】

コーチングを受けて、自分の目標としていることの輪郭が、最近はぼやけていましたがそれがくっきりしてきました。

一番大きな収穫は、自分の中で、自分たちがやってきたことを客観的にみて、「意外とがんばってるんだなあ」と、認める事ができたことです。

 

 

まだまだ、「この若造が」と思われるかもしれませんが、

自分自身もそういう思いで自分を見ていたので、自分をなかなか認められず、意外にも自信を無くしていたのかもしれません。

 

認めることができたときに、不覚にも涙溢れてしまいました。

 

 

ココ数年、診断士の勉強にかなりの比重を置いていたので、他のことにも目を向けてみようと、受けたコーチングですが、思いのほか大きな効果がありました。

 

タイトルの「「コーチング」を受けたからってどうなるのよ?」

ですが、気分的にはもの凄くスッキリして、自分の棚卸というか、整理が出来た感じです。

どうにもこうにも、スタート地点でうじうじしていた自分が、いつの間にか歩き始めている感じです。

 

 

この「自分の整理をするという作業」が、実は誰しもが必要としている事のように思えます。

自分はどういう人間なのか、何を今までやってきたのか、これからどうしたいのか。

こう言った事が、すべてではないですが、もの凄く満足できるレベルではっきりしてきました。

 

 

masala(下村)さん、本当にコーチングをしてくれてありがとうございました!

 

——————————————————

下村雅之

もう一度、下村さんのご紹介。

(*紹介により私が金銭をもらったり、見返りがあるということはありません。)

私のコーチの下村さんは、100人コーチングもうすぐ達成する方です。
100人まで体験コーチングを受けられますので、興味のある方、どうでしょうか?

薬剤師や診断士の方で、将来のビジョンが描けず不安な方や、もう少し推進力をもって何かに打ち込みたい方などに特にお勧めです!!
すっごくやった方が良いです!

 

Facebookから下村さんにアクセスできるので、良かったらどうぞ。

https://www.facebook.com/masala00

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能に目覚めよう
「この本、うちに何冊あるだろう?」

 

と言うのも、ストレングスファインダーを行うためのアクセスコードが入っているので、そのために購入しました。

2008年5月に最後に買った記録がAmazonにありました。あとは、同居人が買ったものがあるのでしょう。

 

以前のストレングスファインダーの結果は、覚えていないというかやったかどうかも覚えていない。

 

それも、勝間和代さんが著書の中でお勧めしていたのを片っ端から読んでいた時で、本を読むことを優先して(意味ない・・・)、ストレングスファインダーは、同居人だけがやったのかも。

 

この前の、 Masayuki Shimomuraさんのコーチングのあと、もう一度自分を客観的に見てみようという気持ちが働き、昨日ストレングスファインダーにトライしてみました。

 

ストレングスファインダーを説明すると・・・

簡単に言えば、自分の強みを分析するツールです。180弱の質問に、一つ20秒以内に直感で答えていき、結果を表示してくれます。

5つの特質の他に、それを延ばしていく肯定的なレポートが、分析後に得られます。

ちなみに私の5つの特質は、こちら
ストレングスファインダー結果

 

 

 

「そんなもの、占いと同じじゃん」

「自分の強みなんて、だいたいわかってる」

と思うでしょ??

 

私も、正直そういうノリの時もありますが、自分が何をしているときが楽しいのか、幸せを感じているのかを客観的に分析してもらえるというのは、自分のすべき事に向って後押ししてくれる力があります。

 

そう言う、「自分分析が必要な時期が、人生のうちのどこかであるんだろうなあ」と思っていたら、自分の場合「今だった」という感じ。

 

 

なので、このタイミングでこれをやったのは必然だったなぁと思います。
かなり、がんばる気が湧いてきています!!
[amazonjs asin=”4532149479″ locale=”JP” title=”さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす”]

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

著作権フリーの音源を開発に活かす

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD ロゴ素材

https://www.hurtrecord.com/

著作権フリー音源

iPhoneのアプリ開発の効果音を探していたら、良いサイトを見つけたのでメモしておきます。

 

効果音だけではなく、BGMもあってなかなか良いかも。

商用利用もメール連絡をすれば使えるようです。

 

 

ある出版社と一緒に、教材アプリを開発中です。

優秀なプログラマーさんや、講師との繋がりがあるからできることだけど、本当に人との繋がりに恵まれています。

 

この話しが持ち上がったのも、偶然他の企画で一緒にやることになった方の紹介で、どんどん話しが繋がっていきました。

 

 

今年の秋にリリースを目指して、急ピッチで進めて参ります。

ユーザーさんに本当に役立つアプリを作りたいと思います。

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える

一瞬で自分を変える方法

明日、はじめてコーチングを受ける予定です!

で、コーチングについて学ぶためにこの本を読んでみました。

 

 

アンソニー・ロビンズさんをご存知でしょうか?

検索すると動画もでてくるような方なのですが、最近Facebookで話題になっていたのでちょっと気になっていました。

 

この前も「本ってすごいっ!」と思ったばかりだけど、活字からこんなに影響を受けられるのって本当にすごい。

クリエイティブな精神状態を、周りの環境ではなく、自分の中から作り出したい。そうするには、どうしたら良いのか。

 

 

面白い人と出会って、話が進んで「なんでも出来ちゃうんじゃないか」

というワクワクするあの瞬間を、自分で作り出すにはどうしたら良いのか。

そう言ったヒントが学べる本でした。

 

 

文字通り、「一瞬で自分を変える」というのは訓練が必要ですが、大きなプレッシャーや、一歩踏み出せばできるのに、その一歩がどうしても踏み出せないような時、テクニック的にも精神的にも、気持ちの切り替えを良い方向に持っていくにはどうしたら良いのかが書かれています。

 

私が気に入って、同居人もやっているのが、

スウィッシュパターン

という方法。

 

NLPで取り入れられている方法で、簡単に言うと、悪いイメージの状態と、良いイメージの状態を瞬時に切り替えるテクニックです。

 

なので、まずは、両方のイメージ、つまり頭に画像として思い浮かべる必要があります。

 

そして、良いイメージによって、悪いイメージを打ち砕く映像を思い浮かべます。

その際に、「シュッ!」と言ったり、何か自分で決めた動作などをするとうまくいきます。

 

詳細なテクニックは本書で学ぶと良いと思います。

 

正直、自分で書いていて、「怪しい」というか、何も困っていない人や、プレッシャーの少ない生活している場合は、必要ないことかもしれないと思ってきました。。。(笑)

 

というのも、自分が20代だったらまじめにこんな事取り組まなかったなぁと思っているからです。

私の場合30代になると、徐々に責任とか、重大なことの意思決定が増えてきて、その度に自分との対話が増えます。こうなってくると、何が正しくて、何が間違っているかの軸が無くなって来る事があります。

 

もっと、簡単に言うと、何が楽しくて、何がやりたくないことなのか、こう言った事もあやふやになっていきます。

 

そう言う時の、「切り替え」や、外部からの「いつもの自分に戻してもらう働きかけ」が必要になって来るんだと思います。

 

明日は、100人コーチング下村雅之さんによるコーチングを受ける予定です。楽しみです。

[amazonjs asin=”483795670X” locale=”JP” title=”一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える”]

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア