Tag Archive: wordpress

WordPressの方、必見!!簡単Googleアナリティクスを導入する方法。

WordPressでGoogleAnalytics を使う!!

わかっちゃいるけど、設定がめんどくさいですよね。Googleアナリティクス。
Googleアナリティクス

ちょっと前までは、テキストエディタで直接埋め込んでいました。

 

でも、WordPressを使っている方は、プラグインで埋め込めちゃうんです!!

しかも、WordPress上でも見ることができますし、いつものGoogle Analyticsの画面で見ることもできます。

以下に、順番に設定方法を記載します。

 

1、Google Analyticsでの設定

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析1

まずは、アナリティクス設定をクリック。

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析2

次にアカウント部分をクリック。

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析3

そうすると、新しい検索が開くので、「新しいアカウントを作成」をクリック。

 

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析4

アナリティクスを使いたいサイトのデータをどんどん入れていく。

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析5トラッキング画面などがでるがこぴらなくてよし

進めていくと、トラッキングIDなどがでるけど今回は使わない。だって、WordPressだから(笑)

 

2、WordPressでの設定

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析6ここからwp

まず、Google Analytics Counter Trackerというプラグインをインストールする。

 

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析7

プラグインを有効かする。

 

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析8

有効化すると、「設定」Analytics Counterが現れる。

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析9

Connect Google Analytics servicesをクリック。

Google Analyticsのアカウントと連携する許可を求められるので進めていく。

 

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析10

設定が終わると、「1、Google Analyticsでの設定」で設定したサイトが表示される。

 

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析11

もし、loading…になったら、画面を更新してリトライ。

 

13

無事表示されたら、「Save」をクリック。

 

3、Google Analyticsへ戻る。

14アナリティクスにもどる

「ホーム」をクリック。

 

 

15時間をおいてみてみる

設定しているサイトが表示されるので、分析したいサイトをクリックして、「すべでのウェブサイトのデータ」をクリックすると、該当サイトのレポート画面で分析が可能になります。

 

分析画面では、

New Visitor Returning Visitor (再来者が多ければファン化が進んでいるかもなあ、とか)

ページビュー を増やす。

平均セッション数 を増やす。

直帰率 を減らす。

など、簡単なところから見ていき、課題を抽出して、施策を打って、施策が有効かどうかをまた分析するという繰り返しができます。まさに、PDCAですね。

 

特に、ブログやサイト運営を始めたばかりでは、施策を考えるよりも定期的なサイト更新がページビューを増やすので、そのためのモチベーションを高めるためにこれらの数値を使うのが何より有効です。

設定ができたら、分析を学びましょう!

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

WordPress アドレス (URL)の中のURLを変えるなよ!!・・・と言ったのに。

WordPress url 変えて ログインできない

やっちまったな。
WordPressには、ダッシュボードの中にいじってはいけない場所があります。

それは、設定→一般設定の中にある、

WordPress アドレス (URL)

WordPress url 変えて ログインできない

ここを変えると、ログイン画面がでなくなり、ダッシュボードを表示することもできなくなるだけでなく、サイトそのものの表示もおかしくなります。

今回は、その時の対処法をメモ。

この対処法には、2通りあって、それを理解するために簡単な解説をします。

 

WordPress アドレス (URL)を通常の管理画面で変更すると、データベースその内容はデータベースに残ります。
なので、解決策の1つはデータベースを書き換えることです。

 

もう1つは、WordPressフォルダ内にある、wp-config.php に

define('WP_SITEURL','WordPressのフォルダが存在する正しいURL');

を、記述することです。

こちらの方法は、データベースに優先されて読み込みされるので、データベースの方が間違ったままでも wp-config.phpに記述されたものが表示されるようになります。これで読み込まれたURLで表示された管理画面で、設定→一般設定にいくと、WordPress アドレス (URL)の欄は管理画面から操作できないようになります。

 

 

さて、それでは1つ目の

データベースを書き換える方法

です。

レンタルサーバの場合は、コントロールパネルからデータベース設定を開きます。
データベースの管理ツールなどの表示で、phpMyAdminのログイン画面へのリンクを探します。

phpMyAdminにログインしたら、以下の画面が表示されると思います。

WordPress アドレス (URL) ログインできない

 

左のカラムに作成したデータベースがいくつか出てくると思います。(1つしかサイトを使っていなければ、通常1つ)ここの該当するデータベースを選択すると、次の画面が表示されます。

 

WordPress アドレス (URL) ログインできない

書き換える場所は、該当のデータベース内の wp_options です。もし、接頭辞(wp_)を変更していれば、最後に options が付いているテーブルを書き換えることになります。で、操作のところの赤丸のアイコンをクリック。すると、次のページが表示されます。

 

dbef3f3fbeb62bba3481176a1c050d10

やっと、書き換えたいデータがでてきました。 wp_options の中の、 siteurl の編集ボタン(えんぴつ)をクリックすると次の画面になります。

 

WordPress アドレス (URL) ログインできないこの画面が表示されると、赤四角のところに、WordPressの管理画面で入力してしまった、誤ったURLが表示されます。これを、書き換えて作業完了です。

さて、ここまでいくと、「あれ?URLあってるじゃん」となりませんか?
URLがホームページのトップページになっている場合は、WordPressの置いてあるフォルダのURLに書き換えてみてください。FTPソフトで正しい場所を特定すればいいのです。

 

次に、2つ目の方法の

wp-config.phpに追記する方法

です。

こちらは、FTPソフトや、レンタルサーバのコントロールパネル内のファイルマネージャーなどを使って、

WordPressフォルダの最初の層にある、 wp-config.php ファイルに

define('WP_SITEURL','WordPressのフォルダが存在する正しいURL');

 

を追記するだけです。場所は、どこでもOKです。まあ、最後の行にでもわかりやすく書いておきましょう。
作業が正しく完了すると、データベース内の間違ったURLが読み込まれた後に、 wp-config.php 内に追記した文字列が読み込まれ優先されます。

そのため、管理画面にログインできるようになります。しかし、先ほど書いたとおり、管理画面上でのWordPress アドレス (URL)の編集ができなくなります。やらないからいいけど、特殊な設定で使用する場合があるかもしれません。

どちらの方法でも、やり直しが聞くので元に戻したい場合は、1つめのデータベース書き換えの方法。WordPress アドレス (URL)の編集をしたくない場合は、2つめのphpに追記する方法を選択すれば構わないと思います。

 

参考:http://backyard.chocolateboard.net/201112/wordpress-url-change

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア