ホームページ・ブログ

Gmailで外部メールの送受信設定を行う。(さくらインターネットの場合)その2

さくらインターネットでGmail送受信設定

Gmailで外部メールの送受信設定を行う。(さくらインターネットの場合)その1

の続きです。

その1で準備した

  1. 送信サーバ これは、初期ドメイン名と同じです。 例 xxx.sakura.ne.jp
  2. アカウント これは、メールアドレスです。例 ○○○@xxx.jp
  3. メールパスワード これは、さくらインターネットで設定したメールパスワードです。 例 任意の文字列

を用います。

まず、Gmailの画面の右上にある、下記の設定アイコンをクリック

さくらインターネットでGmail送受信設定

 

設定画面で、下記のアカウントとインポートタブをクリックし、画面の真ん中あたりまでスクロールして、他のメールアドレスを追加をクリックしてください。

さくらインターネットでGmail送受信設定

 

すると、次のポップアップ画面が表示され設定ができるようになります。

さくらインターネットでGmail送受信設定

①名前:ここはなんでも大丈夫です。ご自分の名前や担当者としての名前などを入力しましょう。例、〇〇部 部長 xxx、代表取締役 ooo 等

②メールアドレス:ここには、先ほど設定したメールアドレスを入力してください。↓の青文字で準備したメールアドレスです。

2:アカウント これは、メールアドレスです。例 ○○○@xxx.jp

③入力が終わったら、次のステップ>>をクリック

 

下記の画面に切り替わったら、それぞれのデータを入力していきます。

さくらインターネットでGmail送受信設定

すでに準備した3つのデータを入力していきます。
上記のは、それぞれ、下記の1. 2. 3. に対応していますので、そのまま入力し、④アカウントを追加>>をクリック。

  1. 送信サーバ これは、初期ドメイン名と同じです。 例 xxx.sakura.ne.jp
  2. アカウント これは、メールアドレスです。例 ○○○@xxx.jp
  3. メールパスワード これは、さくらインターネットで設定したメールパスワードです。 例 任意の文字列

最後に、下記の画面に切り替わるので、その1で転送設定したGmailアドレスに確認コードが記載されてメールが届いているかご確認ください。

(*Gmailで受信しても、迷惑メールフォルダに入っていることもあります。)

さくらインターネットでGmail送受信設定

メールが確認できたら、記載のリンクをクリックして認証するか、コードを下記の画面に従って入力→確認を行ってください。

 

最後に、Gmailの新規メール作成で、Fromのところにあるをクリックして、送信アドレスが追加されているか確認してください。

 

以上で終了です。お疲れ様でした。

この記事が役に立ったら、共有してくださいね!


Gmailで外部メールの送受信設定を行う。(さくらインターネットの場合)その1

さくらインターネットでGmail送受信設定

独自ドメインを取得して、サイトを作ったりするとそのドメインでメールを作りたいですよね。

今回は、さくらインターネットを使っている場合で記載します。

これから準備するものは、下記のデータです。

  1. 送信サーバ これは、初期ドメイン名と同じです。 例 xxx.sakura.ne.jp
  2. アカウント これは、メールアドレスです。例 ○○○@xxx.jp
  3. メールパスワード これは、さくらインターネットで設定したメールパスワードです。 例 任意の文字列

それでは、さくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインして、下記の通りメールアドレスを作成し、上記のデータを準備し、Gmailへ転送設定をしてください。(すでにメールアドレスを作成済みの方は、転送設定だけで結構です。)

 

さくらのコントロールパネルのアドレス作成と転送設定

まず、サーバコントロールパネルにログインして、初期ドメインとして表示された文字列を控えておいてください。次に下記の通りメールアドレスの管理をクリックしてください。
さくらインターネットでGmail送受信設定

下記のメールアドレスの追加画面で、新しいメールアドレスを作成します。

さくらインターネットでGmail送受信設定

この時のメールアドレスと、メールパスワードを後で使用しますので、控えておいてください。

これで、必要なデータ3つを揃えることができました。次は転送設定です。

 

さくらインターネットで作成したメールアドレスをGmailへ転送設定する

メールアドレスの管理画面のメールアドレス一覧に、先ほど作成したメールアドレスが表示されるので、下記の通り変更をクリックしてください。

さくらインターネットでGmail送受信設定

変更をクリックすると、そのメールアドレスの詳細画面が表示されるので、スクロールして下記のメール転送の追加をクリックしてください。

さくらインターネットでGmail送受信設定

すると、次の画面が表示されるの、この受信したGmailアドレスを入力してください。

さくらインターネットでGmail送受信設定

 

ここまで、完了すると、下記の3つのデータの準備と、設定したメールアドレスに送られたメールをGmailで受信できるようになります。

  1. 送信サーバ これは、初期ドメイン名と同じです。 例 xxx.sakura.ne.jp
  2. アカウント これは、メールアドレスです。例 ○○○@xxx.jp
  3. メールパスワード これは、さくらインターネットで設定したメールパスワードです。 例 任意の文字列

次は、Gmailでの送信設定を行います。

Gmailで外部メールの送受信設定を行う。(さくらインターネットの場合)その2


WordPressの方、必見!!簡単Googleアナリティクスを導入する方法。

WordPressでGoogleAnalytics を使う!!

わかっちゃいるけど、設定がめんどくさいですよね。Googleアナリティクス。
Googleアナリティクス

ちょっと前までは、テキストエディタで直接埋め込んでいました。

 

でも、WordPressを使っている方は、プラグインで埋め込めちゃうんです!!

しかも、WordPress上でも見ることができますし、いつものGoogle Analyticsの画面で見ることもできます。

以下に、順番に設定方法を記載します。

 

1、Google Analyticsでの設定

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析1

まずは、アナリティクス設定をクリック。

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析2

次にアカウント部分をクリック。

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析3

そうすると、新しい検索が開くので、「新しいアカウントを作成」をクリック。

 

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析4

アナリティクスを使いたいサイトのデータをどんどん入れていく。

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析5トラッキング画面などがでるがこぴらなくてよし

進めていくと、トラッキングIDなどがでるけど今回は使わない。だって、WordPressだから(笑)

 

2、WordPressでの設定

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析6ここからwp

まず、Google Analytics Counter Trackerというプラグインをインストールする。

 

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析7

プラグインを有効かする。

 

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析8

有効化すると、「設定」Analytics Counterが現れる。

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析9

Connect Google Analytics servicesをクリック。

Google Analyticsのアカウントと連携する許可を求められるので進めていく。

 

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析10

設定が終わると、「1、Google Analyticsでの設定」で設定したサイトが表示される。

 

WordPressプラグイン GoogleAnalytics で分析11

もし、loading…になったら、画面を更新してリトライ。

 

13

無事表示されたら、「Save」をクリック。

 

3、Google Analyticsへ戻る。

14アナリティクスにもどる

「ホーム」をクリック。

 

 

15時間をおいてみてみる

設定しているサイトが表示されるので、分析したいサイトをクリックして、「すべでのウェブサイトのデータ」をクリックすると、該当サイトのレポート画面で分析が可能になります。

 

分析画面では、

New Visitor Returning Visitor (再来者が多ければファン化が進んでいるかもなあ、とか)

ページビュー を増やす。

平均セッション数 を増やす。

直帰率 を減らす。

など、簡単なところから見ていき、課題を抽出して、施策を打って、施策が有効かどうかをまた分析するという繰り返しができます。まさに、PDCAですね。

 

特に、ブログやサイト運営を始めたばかりでは、施策を考えるよりも定期的なサイト更新がページビューを増やすので、そのためのモチベーションを高めるためにこれらの数値を使うのが何より有効です。

設定ができたら、分析を学びましょう!


【募集】9月19日(土)撮影しながら1日でサイトを作る!アアルスタジオ@片倉

1日でサイト作成 アアルスタジオ@鎌倉 3人語らい

1日でサイト作成 アアルスタジオ@鎌倉 外から語らい

アアルスタジオ第2段を開催します!!

前回、こじんまりと開催したアアルスタジオ@鎌倉では、参加者全員が1日で独自ブログのための写真撮影、独自ドメインのブログ設置や、WordPress導入、favicon作成、AppleTouchIcon設置などを行いました。

1日でサイト作成 アアルスタジオ@鎌倉 あるこ2

自然に囲まれた良い雰囲気の中で、参加者どうしで、どんなサイトを作りたいか語らいながら、同時に写真撮影をします。

創作意欲をかき立てながら、楽しい表情のオリジナル素材が完成したら、独自ドメインの取得や、レンタルサーバの設定を行います。(年間数千円の費用は実費です。)

費用例

*事前に申し込みをする方は、これらの申し込み後に取得するデータや、アカウント・パスワードは控えて置いてください。

サイト構築には、ブログのように簡単にサイトを更新・管理できるWordPressというシステムを導入します。

また、導入のための無料ツールの紹介なども行い、スムーズに導入、編集できるところまで早い段階で行います。

ここまでできたら、あとは、ロゴをどうするか記事をどうするかなど、楽しい創作時間を、環境の良い片倉でランチや散歩をしながら考え、記事のネタ、写真などの素材を集めながら1日を過ごします。

さて、今回のアアルスタジオの場所となるのは、ブルーライン片倉町駅から歩いて7分の味わいある古民家、 紫栄庵です。

紫栄庵1 紫栄庵2 紫栄庵3 紫栄庵4 紫栄庵5 紫栄庵6

 

詳細データ
  • 日程:2015年9月19日(土)
  • 時間:9:00(集合10時まで)〜19:00(途中退室自由)
  • 会場:神奈川県横浜市神奈川区片倉3-8-2
  • 最寄駅:ブルーライン 片倉町駅
  • 乗換例:東京駅→(JR東海道線熱海行)→横浜駅→(横浜地下鉄ブルーラインあざみ野行)→片倉町駅
  • 参加費:5000円(税込)(申し込み確認次第、お支払い方法をご連絡いたします。)
申し込み


YouTubeの収益をGoogle AdSenseで管理する設定編。

YouTubeの収益を、AdSenseの画面で確認(反映)する設定 2

前回、「忘れちゃだめよ。YouTubeとGoogle AdSenseの関連付け編。」では、収益の受け取り漏れがないように、関連付けの設定を行いました。

今回は、YouTubeの収益をGoogle AdSenseのパフォーマンスレポートの画面で管理する設定方法を説明します。

まだ、関連付けができていない場合は、レポートの設定をしても収益が反映されないので、先に前回の記事を参考にして下さい。

Google AdSenseのパファーマンスレポート画面で、YouTubeの収益レポートを表示する。

YouTubeの収益を、AdSenseの画面で確認(反映)する設定 1

 

まずは、Google AdSenseにログインします。そのあと

  1. パフォーマンスレポートをクリック
  2. ダッシュボードのレポートをクリック
  3. フィルタ欄の+追加をクリック

YouTubeの収益を、AdSenseの画面で確認(反映)する設定 2

 

続いて、プロダクトをクリックすると下記のメニューが表示されます。

 

YouTubeの収益を、AdSenseの画面で確認(反映)する設定 3

 

ここでは、

  1. ホストされているコンテンツ向け AdSenseにチェックを入れる
  2. Applyをクリック

YouTubeの収益を、AdSenseの画面で確認(反映)する設定 4

 

そうすると、フィルタ欄に、上記の表示がされます。この時点で、YouTubeのレポートが画面に表示されます。

次回からの確認を簡単にするため「レポートを保存」をクリックしてください。YouTubeの収益を、AdSenseの画面で確認(反映)する設定 5

 

上記の画面が表示されたら、レポート名に好きな名前を記入し、保存をクリック。
今回は、「YouTube」とします。

YouTubeの収益を、AdSenseの画面で確認(反映)する設定 6

 

そうすると、このように、レポートの下部に今回保存した「YouTube」が表示されました。次回からは、これをクリックするだけで、YouTubeのレポートを確認できます。

 

そして、ここまではいいのですが、 AdSenseに関連付けたYouTubeアカウントのYouTube側のアナリティクスからみる収益レポートの合計と、このAdSenseのパフォーマンスレポートの数値は結構違っています。

Googleの説明だと、レポート判定のタイミングの違いらしいのですが、どちらにせよ毎月確定したレポートがでるので、それまでの参考程度に考えておくのがよいでしょう。


忘れちゃだめよ。YouTubeとGoogle AdSenseの関連付け編。

YouTube収益受け取りAdSense設定 1
*この記事には、YouTubeとGoogle AdSenseを関連付けして、次回、Google AdSenseのパフォーマンス レポートからYouTubeの収益を管理できるように設定する方法を記載します。

 

「再生数が稼げているのに、収益に反映されていない気がする。」と、感じているアカウントがあったのですが、何年もほったらかしていました。

そもそもはじめに収益化できていると勘違いした原因は、下のYouTubeのクリエイターツールの画面で、「収益化対象と表示されれば、AdSenseアカウントと連携して収益化できている。」という思い込みがあったからでした。

you5

動画が、収益化対象となり本当に収益受け取るためには、Google AdSenseアカウントと連携設定をしなければいけません。その方法を説明します。



 

Google AdSenseアカウントとYouTubeアカウントを連携する。

 

*YouTubeのクリエイターツール画面です。
you1

  1. チャネルをクリック
  2. 収益受け取りをクリック
  3. 支払いを受けるにはをクリック
  4. 青文字のAdSenseアカウントを関連付けるをクリック

あとは、画面の赤丸通りに、どんどん進んでいきます。

you2

you3

you4

 

最後に、「関連付けを承認」をクリックすると、収益受け取りプログラムの画面に戻り、収益を受け取れるようになります。

 

次回は、「Google AdSenseのパフォーマンス レポートからYouTubeの収益を管理できるように設定する。」を記事にします。


WordPress アドレス (URL)の中のURLを変えるなよ!!・・・と言ったのに。

WordPress url 変えて ログインできない

やっちまったな。
WordPressには、ダッシュボードの中にいじってはいけない場所があります。

それは、設定→一般設定の中にある、

WordPress アドレス (URL)

WordPress url 変えて ログインできない

ここを変えると、ログイン画面がでなくなり、ダッシュボードを表示することもできなくなるだけでなく、サイトそのものの表示もおかしくなります。

今回は、その時の対処法をメモ。

この対処法には、2通りあって、それを理解するために簡単な解説をします。

 

WordPress アドレス (URL)を通常の管理画面で変更すると、データベースその内容はデータベースに残ります。
なので、解決策の1つはデータベースを書き換えることです。

 

もう1つは、WordPressフォルダ内にある、wp-config.php に

define('WP_SITEURL','WordPressのフォルダが存在する正しいURL');

を、記述することです。

こちらの方法は、データベースに優先されて読み込みされるので、データベースの方が間違ったままでも wp-config.phpに記述されたものが表示されるようになります。これで読み込まれたURLで表示された管理画面で、設定→一般設定にいくと、WordPress アドレス (URL)の欄は管理画面から操作できないようになります。

 

 

さて、それでは1つ目の

データベースを書き換える方法

です。

レンタルサーバの場合は、コントロールパネルからデータベース設定を開きます。
データベースの管理ツールなどの表示で、phpMyAdminのログイン画面へのリンクを探します。

phpMyAdminにログインしたら、以下の画面が表示されると思います。

WordPress アドレス (URL) ログインできない

 

左のカラムに作成したデータベースがいくつか出てくると思います。(1つしかサイトを使っていなければ、通常1つ)ここの該当するデータベースを選択すると、次の画面が表示されます。

 

WordPress アドレス (URL) ログインできない

書き換える場所は、該当のデータベース内の wp_options です。もし、接頭辞(wp_)を変更していれば、最後に options が付いているテーブルを書き換えることになります。で、操作のところの赤丸のアイコンをクリック。すると、次のページが表示されます。

 

dbef3f3fbeb62bba3481176a1c050d10

やっと、書き換えたいデータがでてきました。 wp_options の中の、 siteurl の編集ボタン(えんぴつ)をクリックすると次の画面になります。

 

WordPress アドレス (URL) ログインできないこの画面が表示されると、赤四角のところに、WordPressの管理画面で入力してしまった、誤ったURLが表示されます。これを、書き換えて作業完了です。

さて、ここまでいくと、「あれ?URLあってるじゃん」となりませんか?
URLがホームページのトップページになっている場合は、WordPressの置いてあるフォルダのURLに書き換えてみてください。FTPソフトで正しい場所を特定すればいいのです。

 

次に、2つ目の方法の

wp-config.phpに追記する方法

です。

こちらは、FTPソフトや、レンタルサーバのコントロールパネル内のファイルマネージャーなどを使って、

WordPressフォルダの最初の層にある、 wp-config.php ファイルに

define('WP_SITEURL','WordPressのフォルダが存在する正しいURL');

 

を追記するだけです。場所は、どこでもOKです。まあ、最後の行にでもわかりやすく書いておきましょう。
作業が正しく完了すると、データベース内の間違ったURLが読み込まれた後に、 wp-config.php 内に追記した文字列が読み込まれ優先されます。

そのため、管理画面にログインできるようになります。しかし、先ほど書いたとおり、管理画面上でのWordPress アドレス (URL)の編集ができなくなります。やらないからいいけど、特殊な設定で使用する場合があるかもしれません。

どちらの方法でも、やり直しが聞くので元に戻したい場合は、1つめのデータベース書き換えの方法。WordPress アドレス (URL)の編集をしたくない場合は、2つめのphpに追記する方法を選択すれば構わないと思います。

 

参考:http://backyard.chocolateboard.net/201112/wordpress-url-change

 


command + z の逆は、command + y (command + shift + z)

Life Has No CTRL+Z

command + z

ものすごく便利なショートカットですよね。

一旦、行った操作を戻せるショートカットです。

 

でも、戻す必要がないのに、一度間違ってやってしまったとき、command + v などと違って、ペーストで戻せないし、どうしたらいいかわからなくなります。

 

そんなときに、使えるのが

command + y あるいは、command + shift + z

Windowsなら

control + y あるいは、cotrol + shift + z

 

記事にするほどのものでもないですが、覚えておくと便利です。


オリジナルドメインのブログ設定 〜02 FTPソフトってなによ?〜

CMSとは

今回のやること

今回は、サーバにデータを簡単に送ることができるFTPソフトを設定します。

これを用いて、ブログをサーバ上に構築するソフト(CMS)をアップロードします。

(*サーバを借りると、ファイルマネージャーという項目から一つずつファイルをアップロードできますが、一気にアップロードしたり、ダウンロードしたりするときにはFTPは便利です。)

 

自分のブログを、オリジナルドメインで作り始めるために、前回は

  • ドメインの取得
  • サーバのレンタル

を、行いました。

 

今回は、そのレンタルしたサーバに、ブログを構築するソフトを導入する作業をします。

(サーバにドメインを関連付けする作業は、ご利用のサーバのコントロールパネルなどから行ってください。)

 

まず、MacかWindows両方使えて、無料のソフトがあるといいですね。

オススメは、

です。

 

MacのCyberduckは、サーバによってはアップロード・ダウンロードの途中で回線が切れることが多かったので、私はFileZilaを使用しています。

特に相性に問題がなければ、どっちでもOKです。

 

設定方法はこちらの記事へ 。

 

ファイルがアップロードできる状態になったら、

次はいよいよ、ブログを構築するソフトを導入します。

 

このようなソフトは、CMS(コンテンツマネージメントシステム)と呼ばれていて、ブログの管理・更新が超楽になるソフトです。

 

最近では、WordPressが有名ですね。

他にも、XOOPS(ズープス)など、たくさんあります。

 

私は、HTML+CSSで特にソフトは使わずに頑張っていた時期がありましたが、WordPressを使ってみると、便利すぎてホームページもブログも全部取り替えたいくらいに思っています。

メジャーなCMSを使うと、思わぬエラーなどが出た際に、原因と対策を調べやすいというメリットがあります。

 

FTPソフトのダウンロードと、設定ができたら次回は、WordPressの導入です。

 

 


独立したいならすぐにドメインをおさえよう!

看板

オリジナルドメインを取得し、ブログやホームページを作ることは、独立や新しいことを始めるのになくてはならない(?)ものです。

新しい集まりやイベントを始めたり、何か凝ったことをしようとするときに、私はドメイン検索をよく行います。

 

今回は、ドメイン取得後にすぐにできることを挙げてみます。

 

オリジナルのURLでサイトの公開

まずは、ホームページやブログをオリジナルのURLで、公開できることです。

これは、外部的には信用力とか、いろんな良い影響があるかもしれないけど、一番のメリットは自分のサイトのアクセスを増やせることでしょう。もっと簡単に言えば、検索エンジンからの評価を得やすくなるってことです。

アメブロなど大手のブログサービスが、Googleからnofollowを指定されているので、大手企業が業者にお金を払って、手っ取り早くブログから被リンクを得るってことができなくなりつつあります。

nofollow が指定されたリンクの Google での処理

通常、Google は、これらのリンクをたどりません。つまり、これらのリンクの PageRank やアンカー テキストを転送しません。原則的に、nofollow を使用することは、Google のウェブ全体の図式からリンクを除外することになります。
引用:Google コンテンツに関するガイドライン 特定のリンクに対して rel=”nofollow” を使用する

 

メアドの発行

次に、メールアドレスが発行できて、スマホやPCで送受信ができるようになります。

これは、かなり便利で、誰かと一緒にプロジェクトチームを組んで活動するときも使えます。

例えば、メンバーひとり一人のアドレスを発行すれば、外部に向けてプロジェクトの担当者とすぐにわかるようにメアドを利用できます。

他にも、顧客向けの窓口アドレスとか、外部のサービスの連絡用、使えそうなメルマガ用とかを発行して、Googleやスマホに登録しておけば、いつでもどこでも確認できます。

 

名刺に掲載

そして、メールアドレスとサイトURLを名刺に載せることができるようになると、リアルの交流会などでもなんだか自信がでてきます。

経験のある方もいるかと思いますが、交流会に「オリジナルの名刺を持って行こう!」と、いざ作成という段階になると、何を書いていいかわからない。ということないですか?

一般の会社名刺だと、

  • 会社名
  • 部署名
  • 肩書き
  • 自分の名前
  • 会社住所
  • 会社連絡先電話番号/FAX
  • 携帯
  • メールアドレス
  • 会社サイトのURL

これに写真が入ったり、ロゴが入ったり、キャッチコピーとかが入って、ありきたりな感じだと、裏には支店とかが載っている場合もありますよね。

 

これが、個人名刺になるとどうだろう。

  • 会社名
  • 部署名
  • 肩書き
  • 自分の名前
  • 会社住所
  • 会社連絡先電話番号/FAX
  • 携帯
  • メールアドレス
  • 会社サイトのURL
  • Facebok(Twitter)URL
  • ブログURL

こんな感じで、情報少なっ!!

ってなりますよね。さらに、この少ないアイデンティティーの中のメアドやブログURLも、

—–@gmail.com

とか、

https://www.facebook.com/——

とか、

せめて、メアドやブログURLをオリジナルのURLにできれば、なんだか誇らしいですよね!

ね!

 

なんかやる気がでる

オリジナルドメインでの一番のメリットは、本当はここかもしれません。

実質的なメリットの、運用面の便利さや、SEO対策もありますが、一番感じるのは自分自身がやる気が起きるかどうか。ドメインは、自分のお店や家をウェブ上に建設する住所と同じです。

なので、この取得した資産をどのように育てて、ウェブ上の自分を成長させていくかに、一番のメリットがあるのかもしれません。

 

と、まあこんな感じで、まだドメインを取得していないけど、いつか独立したいという方向けの記事でした。