積読崩し

もっと効果的に本を音声で聴く。

速読,遅読,フォトリーディング

前回の記事の本を音声で読んでもらう方法。の続きです。
今回は、本を音声で読んでもらうときに、本の情報を理解して利用するために効果的な方法を考えたいと思います。

突然ですが質問です。
本を音声で読んでもらうとして、その間に何しますか?

 

本を音声で読んでもらっているときを思い浮かべてみてください。
聞いてもらっているのを、単に集中して聞きくだけですか?

 

やっぱり何かしますよね?

 

このときに、効果的に何をするかについて考えたいと思います。

結論から言うと、

「“特に集中しなくてもできる作業” を並行して行うと、本の内容に集中して聞くことができる。」

です。

 

ここでは、ノーベル経済学賞受賞の心理学者ダニエル・カーネマンのファスト&スローの考え方を参考にしようと思います。ちなみに、ダニエル・カーネマンは、プロスペクト理論を提唱した心理学者です。


まず、参考となる人間の思考方法の2つのモード、システム1システム2について以下に特徴を並べます。
*この2つのモードの名称を最初に提案したのは、心理学者のキース・スタノビッチとリチャード・ウェストであるとダニエル・カーネマンは述べています。

  • システム1
    ・速い思考
    ・自動的
    ・コントロールに努力は不要
    ・アイデアやパターンは驚くほど複雑
    ・衝動的で直感的
  • システム2
    ・遅い思考
    ・頭を使わなければできない知的活動に注意を割り当てる
    ・代理、選択、集中などの主観的経験と関連付けられる
    ・システム1の自由な衝動や連想を支配したり退けたりできる
    ・思考や行動のコントロールが仕事
    ・消耗すると不快になる
    ・怠け者

 

私が、走りながら本を聞くとき、実際にはシステム1で走る動作を行いシステム2で聞いていると考えられます。
この走る速度を、システム1では賄いきれない意思の力が必要なペースで走ってしまうと、システム2も動員され、ほとんど本に集中できなくなります。

これらは、以下の引用が参考になります。

 

歩きながら考えるのは、ふつうはたやすいし、とても楽しいものだ。だが度がすぎると、二つの活動はシステム2の限られたリソースを争うようになる。p75

私たちの大半は、ほとんどの時間、一貫した一つながりの思考を維持するにも、たまさかの複雑な思考に取り組むにも、セルフコントロールを必要とする。p76

時間的な制約がないときでさえ、思考の流れを維持するには自制心を必要とする。p76

フローは、二種類の努力をすっぱり切り離す。一つはタスクへの集中、もう一つは注意力の意識的なコントロールである。p77

フロー状態になってしまえば、この活動に完全にのめり込むので、注意力の集中を維持するのに何らセルフコントロールを必要としない。したがって、この仕事から解放されたリソースを目の前のタスクにだけ振り向けることができる。p77

ダニエル・カーネマンのファスト&スロー[上]

安全で、かつ信号がなく走ることを中断されることのないコースで、体力的に苦にならない速度でリラックスしながら本を聞くと、システム1は走ることの自動運転を始めて、システム2はある意味システム1の制御から解放されます。

こうなると、耳から聞こえてくる話に集中していきます。

このため、何かをしながら本を読んでもらうことは、本の情報を活用する視点でとても効果的ではないかと考えられます。

 

 

この応用として、洗濯や食器洗いなどの家事をしながら本を聴いたり、防水イヤホン吸盤式防水スピーカーを使用してお風呂で聴いたりする、“ながら”読書(聴書?)はよいかもしれません。

 

本の情報の活用として、知識の補充以外にも、引用などに利用するときは、いま聞いている本であればその場でメモを入力すればいいですし、関連付けたい何かの本も一緒に思い浮かべば、それもメモしておくことで後で使える自分専用のデータベースになります。(水場は注意ですが。)

 

次回は、この自分専用のデータベース作りについて書きたいと思います。

本を読むシリーズ

走るし、本を読むようになった。
本を音声で読んでもらう方法。
もっと効果的に本を音声で聴く。
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-1
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-2


本を音声で読んでもらう方法。

画面の読み上げ 音声読み上げ

前回の記事の「走るし、本を読むようになった。」の続きです。

前回は、「音声で聞いてから、活字で読む」から、たくさん本を読めるようになった。
という内容でした。この中で、「音声で聞いてから」の部分で、どうやって音声で読むかということについて、今回の記事でご紹介しようと思います。

 

「音声で聞いてから」を実現するために、すでに販売されているオーディオブックを利用するのが一番手っ取り早いのですが、これには幾つかの障害があります。私がすぐに思い浮かぶのは、

 

1、活字でも読みたい場合に、一つの本に倍以上のコストがかかる。
2、品揃えの多い、FebeアマゾンのAudibleでも取り扱いのない本が沢山ある。

です。

 

1、のコストについては、あまり本を読まない方にとっては一番気になる点かもしれません。しかし、2のそもそもオーディオブックがないというのは、音声で聞けないじゃんということになります。

そこで、音声の商品がなくても「音声で聞いてから」を、実現する方法を紹介します。

この方法は、iPhoneやiPadの「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」を利用します。
まず、音声で用意されていない本の形態として、

1、Kindleなどの電子書籍
2、紙の本

の2パターンが想定されます。

 

ここで、紙の場合は、自炊してPDFなどの電子データにしてOCR認識を行い文字データを起こします。この時点で、PDFデータも電子書籍と同じ方法で「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」の利用が可能です。

それでは、「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」の設定のご紹介をします。

 

1、まず「設定」を開きます。そこで、「一般」をタップします。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader

 

2、次に「アクセシビリティ」をタップします。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader2

 

3、そして、「スピーチ」をタップします。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader3

 

4、「画面の読み上げ」をタップし、オンにします。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader4

5、この状態で、Kindleか、PDFであればGoodreaderなどのアプリで閲覧画面にし、2本指で画面の上端から下方向へスワイプしてください。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader5

 

6、失敗すると、「読み上げ可能な内容が画面に見つかりませんでした。」と表示されますが、成功すると下の画面のように読み上げメニューが表示されます。ここで、再生/停止、読み上げのスピードを調整できます。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader6

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader7

「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」の不便な点として、画面ロック状態にすると、画面端まで読み上げたところで再生が止まってしまうというところですが、何かしながらの“ながら読み”を行う時は古いiPhoneなどで画面ロックされない状態にして、通常使用のiPhoneの電池切れの回避をするなど工夫が必要です。

 

「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」の機械的な声については、はっきり言って1冊聞けばすぐ慣れます。アルファベットなどは、英語発音で読み上げてくれるので、ちょっと面白いです。

 

活字を読む前の、頭の下地として捉えるといいかもしれません。オーディオブック自体に慣れている方は、興味があるところで「むむっ!」と、自然と聴き入るので是非お試しを〜。

*iPhoneやiPadがない場合は、テキストをフリーの読み上げソフトに読み上げてもらったり、それを録音してスマホで聞いたりする方法もあります。

 

次回は、「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」を使ったさらに効果的な読書について書く予定です。

次の記事はこちら「もっと効果的に本を音声で聴く。」
 
本を読むシリーズ

走るし、本を読むようになった。
本を音声で読んでもらう方法。
もっと効果的に本を音声で聴く。
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-1
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-2


走るし、本を読むようになった。

積ん読解消のためにしたこと

久しぶりの更新です。

 

最近、卒論研究の参考文献探しという理由もあって、本を読む習慣が戻ってきました。昨年12月後半あたりから、現在2月終盤までに50冊以上になっています。(マンガや小説のぞく)

なんで、こんなに読めるようになったかというと、移動時間や運動時間に

 

「音声で聞いてから、活字で読む」

 

という方法に変えて、一気に冊数が増えました。

まず、「音声で聞いてから」というのは、いろんな方法があります。

1、Febeで購入して視聴。
2、Audibleで購入して視聴。
3、活字を音声化して視聴。

 

私が行っている方法は、上記の3つです。が、2のAudibleは探している本がほとんどなく、今後に期待ということで契約解除してしまいました。1のFebeで探している本がないと、やはり音声を自分で作らねばなりません。

その方法は次回から書いていこうと思います。

ここからは、寄り道話しなので、興味のない方はとばしちゃって次回記事へどうぞ〜。

————————

社会人になってからちょうどカツマーブームとなり、本を速く読むために[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるにであいました。これが、私にとってはかなり革命的な本で、これを読んでからなんでもできる気になって難関資格に挑戦しだしたりすることになりました。

 

ここに載っている、フォトリーディングという方法は賛否両論ありますが、否定論者の主張は主に、インプットとアウトプットの知識は違っていて、フォトリーディングに関しては意識的に知識を取り出すアウトプットに関しての記述や根拠が薄いと感じているのではないかと思います。

 

認識は、必ずしも意識上にあがってくるとは限らず、意識せずに私たちの行動に影響を及ぼします。これは、ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を読むと、とてもわかりやすく理解できます。さらに、この影響が使われるさまざまな事例を学ぶために、影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのかという本がおすすめです。

 

まずは、なぜ本を読むのかというと、そこにある知識・体験を欲しいと考えているからだと思います。もっとシンプルに言えば、「情報が欲しい」ですよね。

その情報をどう使うかによって読み方は変わります。

 

試験に合格したいために読むのか、何かのノウハウを得たいために読むのか、欲しい情報が決まっていてそれを得るために読むのか、タイトルに書いてあることを実現したいために読むのか、いろいろな段階によって読み方があると思います。

でも、どんな目的があっても読み始めないと読めないですよね。

この読み始めの障壁を下げることと、頭への受動的な情報流入が、「活字の音声化」で可能になります。次回は、「活字の音声化」について記事を書きまーす。お楽しみに。
次の記事を読む
次の記事(本を音声で読んでもらう方法。)を読む。

本を読むシリーズ

走るし、本を読むようになった。
本を音声で読んでもらう方法。
もっと効果的に本を音声で聴く。
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-1
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-2


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能に目覚めよう
「この本、うちに何冊あるだろう?」

 

と言うのも、ストレングスファインダーを行うためのアクセスコードが入っているので、そのために購入しました。

2008年5月に最後に買った記録がAmazonにありました。あとは、同居人が買ったものがあるのでしょう。

 

以前のストレングスファインダーの結果は、覚えていないというかやったかどうかも覚えていない。

 

それも、勝間和代さんが著書の中でお勧めしていたのを片っ端から読んでいた時で、本を読むことを優先して(意味ない・・・)、ストレングスファインダーは、同居人だけがやったのかも。

 

この前の、 Masayuki Shimomuraさんのコーチングのあと、もう一度自分を客観的に見てみようという気持ちが働き、昨日ストレングスファインダーにトライしてみました。

 

ストレングスファインダーを説明すると・・・

簡単に言えば、自分の強みを分析するツールです。180弱の質問に、一つ20秒以内に直感で答えていき、結果を表示してくれます。

5つの特質の他に、それを延ばしていく肯定的なレポートが、分析後に得られます。

ちなみに私の5つの特質は、こちら
ストレングスファインダー結果

 

 

 

「そんなもの、占いと同じじゃん」

「自分の強みなんて、だいたいわかってる」

と思うでしょ??

 

私も、正直そういうノリの時もありますが、自分が何をしているときが楽しいのか、幸せを感じているのかを客観的に分析してもらえるというのは、自分のすべき事に向って後押ししてくれる力があります。

 

そう言う、「自分分析が必要な時期が、人生のうちのどこかであるんだろうなあ」と思っていたら、自分の場合「今だった」という感じ。

 

 

なので、このタイミングでこれをやったのは必然だったなぁと思います。
かなり、がんばる気が湧いてきています!!
[amazonjs asin=”4532149479″ locale=”JP” title=”さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす”]


一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える

一瞬で自分を変える方法

明日、はじめてコーチングを受ける予定です!

で、コーチングについて学ぶためにこの本を読んでみました。

 

 

アンソニー・ロビンズさんをご存知でしょうか?

検索すると動画もでてくるような方なのですが、最近Facebookで話題になっていたのでちょっと気になっていました。

 

この前も「本ってすごいっ!」と思ったばかりだけど、活字からこんなに影響を受けられるのって本当にすごい。

クリエイティブな精神状態を、周りの環境ではなく、自分の中から作り出したい。そうするには、どうしたら良いのか。

 

 

面白い人と出会って、話が進んで「なんでも出来ちゃうんじゃないか」

というワクワクするあの瞬間を、自分で作り出すにはどうしたら良いのか。

そう言ったヒントが学べる本でした。

 

 

文字通り、「一瞬で自分を変える」というのは訓練が必要ですが、大きなプレッシャーや、一歩踏み出せばできるのに、その一歩がどうしても踏み出せないような時、テクニック的にも精神的にも、気持ちの切り替えを良い方向に持っていくにはどうしたら良いのかが書かれています。

 

私が気に入って、同居人もやっているのが、

スウィッシュパターン

という方法。

 

NLPで取り入れられている方法で、簡単に言うと、悪いイメージの状態と、良いイメージの状態を瞬時に切り替えるテクニックです。

 

なので、まずは、両方のイメージ、つまり頭に画像として思い浮かべる必要があります。

 

そして、良いイメージによって、悪いイメージを打ち砕く映像を思い浮かべます。

その際に、「シュッ!」と言ったり、何か自分で決めた動作などをするとうまくいきます。

 

詳細なテクニックは本書で学ぶと良いと思います。

 

正直、自分で書いていて、「怪しい」というか、何も困っていない人や、プレッシャーの少ない生活している場合は、必要ないことかもしれないと思ってきました。。。(笑)

 

というのも、自分が20代だったらまじめにこんな事取り組まなかったなぁと思っているからです。

私の場合30代になると、徐々に責任とか、重大なことの意思決定が増えてきて、その度に自分との対話が増えます。こうなってくると、何が正しくて、何が間違っているかの軸が無くなって来る事があります。

 

もっと、簡単に言うと、何が楽しくて、何がやりたくないことなのか、こう言った事もあやふやになっていきます。

 

そう言う時の、「切り替え」や、外部からの「いつもの自分に戻してもらう働きかけ」が必要になって来るんだと思います。

 

明日は、100人コーチング下村雅之さんによるコーチングを受ける予定です。楽しみです。

[amazonjs asin=”483795670X” locale=”JP” title=”一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える”]


メンタル・タフネス―勝ち抜く「精神力」を手に入れる ジム レーヤー (著)

読みました。

どうしようもなく落ち込んだ時や、燃え尽き症候群だったりするとき、失恋や、新しい環境や、大きなプロジェクトを控えていて、何も手に付かなくなってしまったときなどでも読むと効果があると思います。

 

さて、内容に関してさらっと紹介すると、初めはスポーツに勝つためのメンタルトレーニングなどが紹介されています。

「私が読みたかったのは、ちょっと違うなあ」と感じながら読み進めていくと、メンタルタフネスを得るためには、ストレスと、回復のリズムが必要であると述べられています。

 

ふんふん。普通・・・と思いながら、どんどん読んでいくと、

より強いメンタルタフネスを得るには、より強いストレスに自分をさらし、適切な回復を得る事が必要であり、ストレスが少なすぎたり、回復が少なすぎたりすることがメンタルを弱めると繰り返し言っています。

 

著者は何度もストレスの度合いにあった、回復(睡眠や適切な食事など)があれば、強いストレスにも対応できると繰り返していて、この本を読む事で、実際、ストレスと回復のウェーブを感じるようになってきます。

 

精神的な自分の状態を、客観的に見る事ができ、ストレスからの回復を体験する事で自分の成長を感じることができるようになりました。

 

レビューは「無駄な修飾語」が多いなどがありますが、その辺は、翻訳本の良くあるやつです。スルーすれば大丈夫でしょう。

 

[amazonjs asin=”4584391777″ locale=”JP” title=”メンタル・タフネス―勝ち抜く「精神力」を手に入れる”]

メンタル・タフネス―勝ち抜く「精神力」を手に入れる