Monthly Archive: 2月 2016

MBA入学前に読んでおいた方が良い本。

本を読む本,フォトリーディング,経営戦略全史,ビジネスモデル全史,ロジカルシンキング,プレゼンテーションZEN,裸のプレゼンター,黒曜石,JW_cad,シンプルプレゼン

意外と高い倍率にびびりながらも、入学許可がおりて安心しているみなさまへ。(はい。これ昨年の自分です。はい。)

 

入学してから、ついていけるかとか、スケジュール大丈夫かとか、独立している方は先方との調整、企業内の方は有給申請に今から暗くなっているとか、いろいろな不安があると思います。

その辺りは、人それぞれなので置いといて、今回は、入学前に読んでおいた方が良い本を書いて置こうと思います。

 

講義で言われる参考図書もたくさんありますが、それらはその都度で十分で、それよりもこれから体験する講義やケーススタディ、リアル企業のリアル実習で必要となるスキルの下地をつけて置くための本を紹介します。

まずは、これからたくさんの情報を読んで理解して、整理して、みんなにわかるようにアウトプットしなければなりません。
そのための、下地として

インプット編

本を読むために

を推薦します。

 

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるに掲載されている、「フォトリーディング」という手法について、「眉唾ものでは?」と感じている場合は、ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか?や、影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのかを読むと、理解のヒントが得られると思います。
と言っても、どちらか一冊でも素直な気持ちで読んでおけば、読書に抵抗がなくなってくると思います。

 

次に、一次試験でさらっと学んできた経営戦略とビジネスモデルなどの知識を、一度、その知識体系が作られた時代背景にそって整理しておくのに役立つ本として、

がオススメです。ボリュームはありますが、さらさら読めます。経営戦略の提唱者同士の、架空の対話やお互いの理論に対する言い合いが面白く、格言などに対するジョークもあって、理解するほどにクスクスできます。

これを読んでおくと、前期から始まるケーススタディもツールを整理して臨めるのではないかと思います。

 

知識の整理編

次に、考えがうまくまとまらないとか、論理立てて説明できないとなってくると、企業への実習が始まってしまうとかなりまずいことになります。それだけでなく、仲間からもだんだん何言っているかわからないキャラクターに設定されてしまうかもしれません。

そこで、オススメなのが、こちらもすごく有名で言い古された本ですが、知らない方は是非読んでみてください。
ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

実は、これを薦めて読んでくれたMBAのチーム仲間が、とても喜んでくれて私としても嬉しかった経緯がある本なので自信をもって推薦します。

そして、頭で整理した情報をどのように書いて、説得力のある報告書を作っていくかについては、このような本があります。
考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

これも、ロジカル・シンキングと同様、論理的思考について分かりやすく書かれている本です。

 

アウトプット編

そして、MBAではプレゼンテーションが頻繁にあります。みんなの前で、自分のプレゼンを行うのにどのようなスライドを作っていくかで、説得力が変わってきます。

 

特に、いままでプレゼンに対して勉強をせず、ぶっつけ本番だったり独学だったりする場合はかなりプレゼンの質が変わると思われる本があります。

もう、結構有名なので、ご存知の方はごめんなさい。

この、ガー・レイノルズさんのシリーズは、ビジュアル的な構成で感覚的に理解できるため、4冊あっても読む負担は少ないです。あとで、スライド作りの参考にもできるため、私は本棚の取り出しやすいところにセットで置いてあります。

また、プレゼンの効果的なツールとして
コクヨ パワポ操作用 フィンガープレゼンター 黒曜石 ELA-FP1
がオススメです。

ある意味、これがあると、プレゼンと言う名の資料の読み合わせなのか、本当にプレゼンテーションなのか変わってくるかもしれません。

 

以上、すごく上から目線で恐縮なオススメ本紹介でした〜。(すみませぬ)

 

最後に、これは授業を始まる前に読んでおいた方がいいよ。という、本を紹介します。

 
やさしく学ぶJw_cad☆デラックス (エクスナレッジムック Jw_cadシリーズ 15)

これは、店舗設計を行う授業でかなり活きてきます。特に、ITが不得意だったりするならば、事前に読んでおいた方がいいです。
 

それでは、1年を乗り越え少し調子に乗った記事でした〜〜。

城西国際大学 診断士 登録養成課程 入試対策記事


もっと効果的に本を音声で聴く。

速読,遅読,フォトリーディング

前回の記事の本を音声で読んでもらう方法。の続きです。
今回は、本を音声で読んでもらうときに、本の情報を理解して利用するために効果的な方法を考えたいと思います。

突然ですが質問です。
本を音声で読んでもらうとして、その間に何しますか?

 

本を音声で読んでもらっているときを思い浮かべてみてください。
聞いてもらっているのを、単に集中して聞きくだけですか?

 

やっぱり何かしますよね?

 

このときに、効果的に何をするかについて考えたいと思います。

結論から言うと、

「“特に集中しなくてもできる作業” を並行して行うと、本の内容に集中して聞くことができる。」

です。

 

ここでは、ノーベル経済学賞受賞の心理学者ダニエル・カーネマンのファスト&スローの考え方を参考にしようと思います。ちなみに、ダニエル・カーネマンは、プロスペクト理論を提唱した心理学者です。


まず、参考となる人間の思考方法の2つのモード、システム1システム2について以下に特徴を並べます。
*この2つのモードの名称を最初に提案したのは、心理学者のキース・スタノビッチとリチャード・ウェストであるとダニエル・カーネマンは述べています。

  • システム1
    ・速い思考
    ・自動的
    ・コントロールに努力は不要
    ・アイデアやパターンは驚くほど複雑
    ・衝動的で直感的
  • システム2
    ・遅い思考
    ・頭を使わなければできない知的活動に注意を割り当てる
    ・代理、選択、集中などの主観的経験と関連付けられる
    ・システム1の自由な衝動や連想を支配したり退けたりできる
    ・思考や行動のコントロールが仕事
    ・消耗すると不快になる
    ・怠け者

 

私が、走りながら本を聞くとき、実際にはシステム1で走る動作を行いシステム2で聞いていると考えられます。
この走る速度を、システム1では賄いきれない意思の力が必要なペースで走ってしまうと、システム2も動員され、ほとんど本に集中できなくなります。

これらは、以下の引用が参考になります。

 

歩きながら考えるのは、ふつうはたやすいし、とても楽しいものだ。だが度がすぎると、二つの活動はシステム2の限られたリソースを争うようになる。p75

私たちの大半は、ほとんどの時間、一貫した一つながりの思考を維持するにも、たまさかの複雑な思考に取り組むにも、セルフコントロールを必要とする。p76

時間的な制約がないときでさえ、思考の流れを維持するには自制心を必要とする。p76

フローは、二種類の努力をすっぱり切り離す。一つはタスクへの集中、もう一つは注意力の意識的なコントロールである。p77

フロー状態になってしまえば、この活動に完全にのめり込むので、注意力の集中を維持するのに何らセルフコントロールを必要としない。したがって、この仕事から解放されたリソースを目の前のタスクにだけ振り向けることができる。p77

ダニエル・カーネマンのファスト&スロー[上]

安全で、かつ信号がなく走ることを中断されることのないコースで、体力的に苦にならない速度でリラックスしながら本を聞くと、システム1は走ることの自動運転を始めて、システム2はある意味システム1の制御から解放されます。

こうなると、耳から聞こえてくる話に集中していきます。

このため、何かをしながら本を読んでもらうことは、本の情報を活用する視点でとても効果的ではないかと考えられます。

 

 

この応用として、洗濯や食器洗いなどの家事をしながら本を聴いたり、防水イヤホン吸盤式防水スピーカーを使用してお風呂で聴いたりする、“ながら”読書(聴書?)はよいかもしれません。

 

本の情報の活用として、知識の補充以外にも、引用などに利用するときは、いま聞いている本であればその場でメモを入力すればいいですし、関連付けたい何かの本も一緒に思い浮かべば、それもメモしておくことで後で使える自分専用のデータベースになります。(水場は注意ですが。)

 

次回は、この自分専用のデータベース作りについて書きたいと思います。

本を読むシリーズ

走るし、本を読むようになった。
本を音声で読んでもらう方法。
もっと効果的に本を音声で聴く。
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-1
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-2


本を音声で読んでもらう方法。

画面の読み上げ 音声読み上げ

前回の記事の「走るし、本を読むようになった。」の続きです。

前回は、「音声で聞いてから、活字で読む」から、たくさん本を読めるようになった。
という内容でした。この中で、「音声で聞いてから」の部分で、どうやって音声で読むかということについて、今回の記事でご紹介しようと思います。

 

「音声で聞いてから」を実現するために、すでに販売されているオーディオブックを利用するのが一番手っ取り早いのですが、これには幾つかの障害があります。私がすぐに思い浮かぶのは、

 

1、活字でも読みたい場合に、一つの本に倍以上のコストがかかる。
2、品揃えの多い、FebeアマゾンのAudibleでも取り扱いのない本が沢山ある。

です。

 

1、のコストについては、あまり本を読まない方にとっては一番気になる点かもしれません。しかし、2のそもそもオーディオブックがないというのは、音声で聞けないじゃんということになります。

そこで、音声の商品がなくても「音声で聞いてから」を、実現する方法を紹介します。

この方法は、iPhoneやiPadの「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」を利用します。
まず、音声で用意されていない本の形態として、

1、Kindleなどの電子書籍
2、紙の本

の2パターンが想定されます。

 

ここで、紙の場合は、自炊してPDFなどの電子データにしてOCR認識を行い文字データを起こします。この時点で、PDFデータも電子書籍と同じ方法で「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」の利用が可能です。

それでは、「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」の設定のご紹介をします。

 

1、まず「設定」を開きます。そこで、「一般」をタップします。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader

 

2、次に「アクセシビリティ」をタップします。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader2

 

3、そして、「スピーチ」をタップします。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader3

 

4、「画面の読み上げ」をタップし、オンにします。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader4

5、この状態で、Kindleか、PDFであればGoodreaderなどのアプリで閲覧画面にし、2本指で画面の上端から下方向へスワイプしてください。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader5

 

6、失敗すると、「読み上げ可能な内容が画面に見つかりませんでした。」と表示されますが、成功すると下の画面のように読み上げメニューが表示されます。ここで、再生/停止、読み上げのスピードを調整できます。

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader6

iPhone読み上げ機能 kindle キンドル Goodreader7

「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」の不便な点として、画面ロック状態にすると、画面端まで読み上げたところで再生が止まってしまうというところですが、何かしながらの“ながら読み”を行う時は古いiPhoneなどで画面ロックされない状態にして、通常使用のiPhoneの電池切れの回避をするなど工夫が必要です。

 

「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」の機械的な声については、はっきり言って1冊聞けばすぐ慣れます。アルファベットなどは、英語発音で読み上げてくれるので、ちょっと面白いです。

 

活字を読む前の、頭の下地として捉えるといいかもしれません。オーディオブック自体に慣れている方は、興味があるところで「むむっ!」と、自然と聴き入るので是非お試しを〜。

*iPhoneやiPadがない場合は、テキストをフリーの読み上げソフトに読み上げてもらったり、それを録音してスマホで聞いたりする方法もあります。

 

次回は、「音声 読み上げ機能(画面の読み上げ 機能)」を使ったさらに効果的な読書について書く予定です。

次の記事はこちら「もっと効果的に本を音声で聴く。」
 
本を読むシリーズ

走るし、本を読むようになった。
本を音声で読んでもらう方法。
もっと効果的に本を音声で聴く。
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-1
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-2


走るし、本を読むようになった。

積ん読解消のためにしたこと

久しぶりの更新です。

 

最近、卒論研究の参考文献探しという理由もあって、本を読む習慣が戻ってきました。昨年12月後半あたりから、現在2月終盤までに50冊以上になっています。(マンガや小説のぞく)

なんで、こんなに読めるようになったかというと、移動時間や運動時間に

 

「音声で聞いてから、活字で読む」

 

という方法に変えて、一気に冊数が増えました。

まず、「音声で聞いてから」というのは、いろんな方法があります。

1、Febeで購入して視聴。
2、Audibleで購入して視聴。
3、活字を音声化して視聴。

 

私が行っている方法は、上記の3つです。が、2のAudibleは探している本がほとんどなく、今後に期待ということで契約解除してしまいました。1のFebeで探している本がないと、やはり音声を自分で作らねばなりません。

その方法は次回から書いていこうと思います。

ここからは、寄り道話しなので、興味のない方はとばしちゃって次回記事へどうぞ〜。

————————

社会人になってからちょうどカツマーブームとなり、本を速く読むために[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるにであいました。これが、私にとってはかなり革命的な本で、これを読んでからなんでもできる気になって難関資格に挑戦しだしたりすることになりました。

 

ここに載っている、フォトリーディングという方法は賛否両論ありますが、否定論者の主張は主に、インプットとアウトプットの知識は違っていて、フォトリーディングに関しては意識的に知識を取り出すアウトプットに関しての記述や根拠が薄いと感じているのではないかと思います。

 

認識は、必ずしも意識上にあがってくるとは限らず、意識せずに私たちの行動に影響を及ぼします。これは、ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を読むと、とてもわかりやすく理解できます。さらに、この影響が使われるさまざまな事例を学ぶために、影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのかという本がおすすめです。

 

まずは、なぜ本を読むのかというと、そこにある知識・体験を欲しいと考えているからだと思います。もっとシンプルに言えば、「情報が欲しい」ですよね。

その情報をどう使うかによって読み方は変わります。

 

試験に合格したいために読むのか、何かのノウハウを得たいために読むのか、欲しい情報が決まっていてそれを得るために読むのか、タイトルに書いてあることを実現したいために読むのか、いろいろな段階によって読み方があると思います。

でも、どんな目的があっても読み始めないと読めないですよね。

この読み始めの障壁を下げることと、頭への受動的な情報流入が、「活字の音声化」で可能になります。次回は、「活字の音声化」について記事を書きまーす。お楽しみに。
次の記事を読む
次の記事(本を音声で読んでもらう方法。)を読む。

本を読むシリーズ

走るし、本を読むようになった。
本を音声で読んでもらう方法。
もっと効果的に本を音声で聴く。
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-1
本を読んだら自分専用のデータベースを作る。-2